コメディー

イノセント・ブラッド

『ニキータ』のアンヌ・パリロー主演、 ハリウッド初進出のホラー・アクション!

ストーリー:ピッツバーグ、冬。血に飢えた美しいバンパイア・マリー(アンヌ・パリロー)は、夜毎、マフィアのたむろするダウンタウンに足を運んでいた。悪い奴ほど血がうまい。マリーにとって、悪党であればあるほど最高の獲物なのだ。だが、ただひとつ注意すべきことがあった。それは、血を吸った後、獲物が蘇生する前に必ず殺さなければならないということ。そんなマリーの今夜の獲物はマフィアのドン、サル・マルチェリ(ロバート・ロッジア)。しかし、とどめを刺せなかったためにマルチェリは蘇生してしまう。あわてるマリーはマフィアを追う刑事・ジョー(アンソニー・ラパーリア)とともにマルチェリを探し始めるが・・・。

出演:アンヌ・パリロー、アンソニー・ラパーリア、ロバート・ロッジア、ドン・リックルズ、デヴィッド・プローヴァル、チャズ・パルミンテリ、キム・コーツ、トニー・リップ、アンジェラ・バセット、ルイス・ガスマン、サム・ライミ、リネア・クイグリー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 物語は異色。

どうしても『ニキータ』引きずってしまいがちですが、こちらのアンヌ・パリローも魅力的。彼女の後始末が楽だという理由で悪い奴らの血を頂いちゃう設定がいい。これだと彼女に思い入れもできる。エンディングも思い切った感じが気にいりました。

★★★★☆ アンヌ・パリローの魅力

この作品はアンヌ・パリローの魅力が感じられる作品です。可愛らしくてコケティッシュな感じの彼女が観れます。ヴァンパイア映画は色々あるけれど、こちらの作品は最後は心温かい感じが残る作品。人間とヴァンパイアの愛です。ストーリー的にはすごく心に響く感じはしないけど、彼女の魅力と観終わった時にほんのりキュンとする感じが良いと思います。

作品の詳細

作品名:イノセント・ブラッド
原作名:Innocent Blood
監督:ジョン・ランディス
脚本:マイケル・ウォーク
公開:アメリカ 1992年12月25日、日本 1993年6月12日
上映時間:115分
制作国:アメリカ
製作費:2000万ドル
興行収入:490万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-

  2. MARA/マーラ

  3. ジョジョ・ラビット

  4. ブロス・リターンズ ~やつらはふたたび帰ってくる~

  5. ウェインズ・ワールド

  6. ストゥーバー

PAGE TOP