スリラー

ブリムストーン

報復の時は来た

拷問、虐待、凌辱、殺戮・・・。壮絶なバイオレンス描写で綴る、復讐のダークサスペンス・アクション!

傍目から見れば突然現れた謎の男による、気まぐれで理不尽な暴力。しかし、それは実に周到に計画された、壮絶な復讐の始まりにすぎなかった・・・。男に対し、立ち向かうことを決意する女。女もまた、心の奥底では男に復讐する機会を待ち望んでいた。復讐vs復讐。時に目を背けたくなるほどに鮮烈な暴力描写と、荒々しいまでにエモーショナルな物語が浮き上がらせる壮大な復讐の物語。二人の過去に何があったのか?その先に待ち受けるのは、絶望か、希望か?

ストーリー:小さな村で年の離れた夫と二人の子供と暮らす美しい女性・リズ。ある事情で言葉を発することが出来ないが、村では助産師として頼られる存在だ。夫の連れ子である長男は反抗的だが、幼い娘と家族4人で概ね幸せに暮らしている。そんなある日、村に一人の牧師がやってきて、リズの人生は一変する。鋼のような肉体と信仰心を持つその男は、リズに「汝の罪を罰しなければならない」と告げる。彼女は、家族に危険が迫っていると告げるのだが・・・。いったい、彼女の過去に何があったのか…。それは、壮絶な暴力と復讐の物語の始まりだった。

キャスト:ダコタ・ファニング、ガイ・ピアース、キット・ハリントン、カリス・ファン・ハウテン、エミリア・ジョーンズ、ジャック・ホリントン、ポール・アンダーソン、カーラ・ジュリ、ベラ・ヴィタリ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 生き抜くことは闘い続けることです

怖くて悲しい映画でした。絶望感だけが残ります。こう言う作品を公開させ得る何か物凄さを感じています。ガイ・ピアースという俳優にも『メメント』、『プリシラ』そして『LAコンフィデンシャル』以来の存在感を感じました。完全なる星5の作品です!

★★★★★ 上質な映画

ダコタ・ファニングは子役から成長していい女優になった。これからの彼女が楽しみだ。主人公を取り巻く俳優たちも際立った演技で、この難しいテーマと取り組んでいる。ストーリー構成も秀逸で観客を飽きさせない。映画の「良心」を感じさせる上質な作品。

★★★★★ 美しい映像と醜い人間性

とても重いテーマで人間の本質を丁寧に描き出していると思います。人間は様々なものに縛られて生きていますが、宗教・世論・法が代表的なものに挙げられます。本作品の主人公は、母を死に追いやった父の牧師から宗教のためと執拗に性を捧げることを求められます。また、そんな彼女に対して世論さえも味方してくれず、性を売ってまで生活する彼女には冷たい目が浴びせられます。そして、法も味方はしてくれず、殺そうとしてくる娼館の客に法は味方します。そんな生き地獄のような時代でも、ただ己の信じる心だけは捨てなかった。他人の為にこそ進んで死ぬことのできる聖人とは主人公のことなのではないでしょうか。時代によって聖書の文章は変わらないが、その解釈は幾度となく変化している。そして、法も世論も同様にいつも強い者のためにありました。誰のための宗教なのか、誰のための法なのか、誰のための世論なのか。深く考えさせられました。非常に重く暗いテーマではありますが一度観たら心から離れない名作です。

★★★★☆ 信仰と運命

宗教はある意味麻薬に似ていると思う。依存、正当性、美化等にどっぷりはまってしまうものだ。映画に対する賛否両論はあるにせよ主人公の自由は己にあった。と・・・ラストの沈みゆく彼女の表情が物語って見えた。人間の運命とは自分で決めるものだが避けられないものが待っているのもあるんじゃないだろうか?

★★★☆☆ ホラーよりも怖い感じでした

幽霊とかそういうのではないですが、やっぱり幽霊よりも現実の人間が怖いと印象付けられます。宗教の事は全くわからないのでその辺はスルーしました。とても暗い映画ですが、引き込まれてました。主人公の人生が酷すぎる!ハッピーなラストを期待したのですが・・・とにかく暗い映画なので、気分が落ち込んだ時に見るのはオススメしません。

★★☆☆☆ 幼児虐待の時点でアウト

宗教絡ませつつ、ひたすら物悲しい音楽が流れ、いかにもな重厚さを漂わせながらも結局は溢れ出るサド気質と近親相姦・幼児虐待なんでもござれの変態狂人親父のストーキング映画だった。年端もいかない幼児虐待見せつけてくる時点で個人的にはNG。最後の幼稚園児か小学生低学年への仕打ちはなんだあアレ。不快極まりない。こんなのわざわざ映画で見る必要ない。近親相姦・マゾエロなら、フランス書院のエロ小説のほうがいいし、残虐性ならただ無心に殺戮しまくるブギーマンやジェイソンの映画みてたほうがはるかに楽しい。宗教の胡散臭さや、これが現実の無情さだどうだ!的な不条理と無情の世界観を突き進む映画は好きじゃないです。

★☆☆☆☆ 平凡

いわゆる悪魔を扱った近親相姦モノ。旧約聖書をかぶせることでなにかメタファーじみたものを感じさせたい意図があるようだが、残念ながらこのストーリー全体を通じて感動したり発見したりするものは皆無。キワモノを題材にただセンセーショナルな映画を作ったにとどまり、残るものはその空っぽさ。

作品の詳細

作品名:ブリムストーン
原作名:Brimstone
監督:マルティン・コールホーヴェン
脚本:マルティン・コールホーヴェン
公開:オランダ 2017年1月12日
上映時間:148分
制作国:オランダ、フランス、ドイツ、スウェーデン、イギリス
興行収入:210万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ディープ・インパクト

  2. ブルー・リベンジ

  3. MEG ザ・モンスター

  4. サブウェイ123 激突

  5. アフターライフ

  6. ノック・ノック

PAGE TOP