ドラマ

真珠の耳飾りの少女

妻子のいる天才画家と、使用人としてやってきた少女の恋物語

天才画家・フェルメールの肖像画をモチーフにしたベストセラー小説を映画化

ストーリー:1665年、オランダ。天才画家フェルメールの家に使用人としてやってきた少女グリート。下働きに追われる中、色彩における天賦の才をフェルメールに見出されたグリートは、やがて弟子となりモデルとなり、画家に創造力を与えるようになる。主人と使用人としての距離を保ちつつも、次第にお互いが本能で理解しあえる運命の相手だと気づく二人。許されぬ恋。触れ合うこともできぬまま、押しとどめていた想いは、しかし画家とモデルとして向き合うことでやがて、押さえきれぬものとなっていく。だが、そんな二人を嫉妬に身を焦がす画家の妻、好色で狡猾なパトロンが許すはずもなく、少女はその想いを犠牲に、敬愛する画家と芸術のためにその身を危険にさらしていく・・・。

キャスト:スカーレット・ヨハンソン、コリン・ファース、トム・ウィルキンソン、キリアン・マーフィー、エッシー・デイヴィス、ジョアンナ・スカンラン、アナ・ポップルウェル

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 沈黙が醸すセンシュアルな空気

何度観ても飽きない見応えのある作品。円熟期を迎えたコリン・ファースと初々しいスカーレット・ヨハンソンの配役が
この映画の成功を導いている。情景と音楽のマッチングも素晴らしい。A single man / Easy Virtue とこの作品(全て同時代)がコリン・ファースの寡黙な演技と音楽が一層センシュアルな雰囲気を醸し出し観る者を魅了する。

★★★★★ スカヨハ17歳

スカーレット・ヨハンソンが17歳のときの映画です。もともと、フェルメールのこの作品が好きだったので購入しました。この少女が誰なのか推測の中で脚本化されたものです。ターバンの青は、ラピスラズリで描かれ当時とても高価なものだったという程度の知識しかなく、本作品を見ました。スカヨハの戸惑いながらもモデルになっていき、フェルメールが少女に引き込まれていく流れ、フェルメールの妻がその流れを知りいらだつようす、娘も少女に対する嫉妬などがひとつの流れの中で表現されています。スカヨハのファンの方は、17歳の少女の演技のすばらしさ、秘めた美しさなど必見のDVDです。

★★★★★ 静謐な愛

はじめの音楽だけで惹き込まれました。17世紀を再現した街並みや衣装はどのシーンを切り取っても圧巻の出来栄えだと思います。読み書きはできなくとも美的センスに溢れ、聡明であったグリートの、“物申したいがぐっと飲み込んで耐える”演技力が素晴らしいなと感じました。終始使用人に徹するというか、そこが心に響きました。親子のような愛ではなく恋人のような愛でもない、でも確かに絵画を通した2人の間には愛が存在したんだなぁと、余韻が残りました。観る絵画だと思います。深夜に観るには寝てしまいそうですが、芸術に浸りたい時にまた観たいです。

★★★★☆ 絵の背景にあるものを空想するのは楽しい

絵のモデルの少女にも、いろんな感情や思考のもととなる人生があったんだろうなあ、という、当たり前とはいえ空想を心地よく刺激してくれる思いに浸れました。さすが美術にかかわる映画ということで、映画のワンシーンのただの背景といえど、はっとさせられる美しいものがいくつかありました。光線の加減とか物体の質感とかが絶妙。話の筋は特にドラマティックではなかった点が、かえって絵の背景の人々の現在とは本質的にはあまり変わらないはずの人間生活を思いを馳せることができました。こうした体験は今後の絵画鑑賞の際の楽しみを増してくれるかもしれません。

★★★★☆ 視線の先。

あまりにも有名な「青いターバンの少女」の絵。そして、その少女と私のイメージするスカーレット・ヨハンソン・・・。しっくりこないのでは、と思い見始めましたが、予想を裏切ってくれました。表情から、視線から多くの想いが感じられましたし、少女らしい動き、その時代の精神性が見て取れました。コリン・ファースは、やっぱり素敵です。視線の先にあるキャンバスと少女、そして画家との距離感が、実物の絵に重なりました。こういう寡黙な役柄が似合いますね。彼は、あまり作品数が多くないのが残念です。◎な作品でしたが、あえていうなら、盛り上がりがあっさりしていたので、もう少し真珠を描きいれる所をじっくり見たかった気もします。

★★★☆☆ 陰にfocusし過ぎて情感がない

確かに陰影の画家だけれど、技術しか表現できていないから浅い、足りない印象。作家の目が厳しい現実との葛藤の中で何見たのか、感じていたのかがないからそんなもんだに帰結しありがちになってしまい残念。使用人だしにして金の為に画いて売れたからピアスあげてthank you!なら今のその辺の会社のパ-トと出世のために女だしにして味占めている男程度の感じ。その画の作家の芸術家としての目線がないので後味が悪い。世の中自己満足のreal語っていろんなものの価値下げていることに気づかない勘違いに飽き飽きしていると思います。映像いいのに勿体ない印象。それと、相手任せで中身空っぽの奴じゃ表現難しいと思います。

★★☆☆☆ 映像とキャストは素晴らしいが・・・

映像は綺麗、キャストもイメージにピッタリ、でも、惜しいかな、本と比べるとストーリーに厚みがなかったような。これだけのキャストを揃えながら消化不良の感は否めない。

作品の詳細

作品名:真珠の耳飾りの少女
原作名:Girl with a Pearl Earring
監督:ピーター・ウェーバー
脚本:オリヴィア・ヘトリード
原作:トレイシー・シュヴァリエ『真珠の耳飾りの少女』
公開:アメリカ 2003年12月12日、日本 2004年4月10日
上映時間:100分
制作国:イギリス、ルクセンブルク
製作費:600万ドル
興行収入:3100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. 妹の恋人

  2. セックスと嘘とビデオテープ

  3. 訴訟

  4. シュガー

  5. さよなら、僕のマンハッタン

  6. タイガーランド

PAGE TOP