アニメ

犬ヶ島

消えた愛犬を探す旅に出た少年と犬たちの、心揺さぶる絆を描くアドベンチャー!

ストーリー:近未来の日本。ドッグ病が大流行するメガ崎市では、人間への感染を恐れた小林市長が、すべての犬を“犬ヶ島”に追放する。ある時、12歳の少年がたった一人で小型飛行機に乗り込み、その島に向かった。愛犬で親友のスポッツを救うためにやって来た、市長の養子で孤児のアタリだ。島で出会った勇敢で心優しい5匹の犬たちを新たな相棒とし、スポッツの探索を始めたアタリは、メガ崎市の未来を左右する大人たちの陰謀へと近づいていく・・・。

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 映画のDVDを10年ぶりに買った

神は細部に宿る、という言葉に相応しい作品。精巧緻密なパーツは全て世界観を究極に突き詰めて帰納されて作られている。二度観て即購入し、ほぼ毎日観ている。観る毎に発見がある。本作品は黒澤明をオマージュした作品で、日本が舞台となっているようだが、かわいらしさとリアルな犬の心の表現の絶妙なバランス、人との交流の空気感、言語や種族が違うという事への表現の仕方、素人目にもとことん拘り作られているのがすぐにわかる、細部に妥協しなかった黒澤明のオマージュと呼ぶに遜色無い。人の心に深く残る作品。人生で有益だった時間の中に、この映画を観た時間が間違いなく入った事を記しておきます。

★★★☆☆ すげえ

なんといっても映像がすごい。初めはストップモーションアニメに似せたCGだと思ってたけど、本物だったみたい。海外では日本に対する誤解を招く、なんて意見もあるみたいだけど、この映画は、本当の日本を知ってる人があえてわざとやってると思う。日本人として、不快感は感じない。むしろ笑えた。

作品の詳細

作品名:犬ヶ島
原作名:Isle of dogs
監督:ウェス・アンダーソン
脚本:ウェス・アンダーソン
公開:アメリカ 2018年3月23日、日本 2018年5月25日
上映時間:105分
制作国:アメリカ、ドイツ
製作費:3500万ドル
興行収入:6400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. くもりときどきミートボール

  2. ティンカー・ベルと輝く羽の秘密

  3. 9 〜9番目の奇妙な人形〜

  4. スピリット

  5. プレイモービル マーラとチャーリーの大冒険

  6. ボックストロール

PAGE TOP