アクション

クイック&デッド

美しいものが勝つ

鬼才サム・ライミ監督が放つ新感覚ガンアクション・ムービー!

ストーリー:悪名高き権力者によって支配された荒野の開拓地で命と賞金を賭けた早撃ちトーナメントが始まろうとしていた。法も秩序も存在しないこの町に、六連発銃を腰に携えた謎の女がやって来た。その胸に復讐を秘め、トーネメントに挑む女ガンマン、エレン(シャロン・ストーン)。町を牛耳る悪徳支配者、ヘロッド(ジーン・ハックマン)、若き早打ちガンマンのキッド(レオナルド・ディカプリオ)、そして過去に秘密を持つ牧師、コート(ラッセル・クロウ)らと挑む、生きるか死ぬかの一発勝負に町中が固唾をのむ・・・。果たして最後に生き残るのは誰だ? 繰り広げられる決闘,そしてエレンの復讐の行方は・・・?

キャスト:ジーン・ハックマン、ラッセル・クロウ、シャロン・ストーン、レオナルド・ディカプリオ、トビン・ベル、ロバーツ・ブロッサム、ケヴィン・コンウェイ、キース・デイヴィッド、ランス・ヘンリクセン、ゲイリー・シニーズ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 「アメリカ製マカロニ・ウエスタン」

マカロニ・ウエスタン大好き人間の俺様にとっては久々興奮した作品でした。オールハリウッドの役者でやったのも良かった。映像が「さいとう たかお先生」の劇画的なところが面白い。監督もマカロニ・ウエスタンの敬意を込めて「星空の用心棒」「ウエスタン」のオマージュを出してきたのも見どころ。また、90年代の作品としては珍しく「エキストラ」が演技しているのにも注目、数え挙げたらきりがない。

★★★★★ ウェスタン版「ストⅡ」!!

主人公のシャロン・ストーン演じる女ガンマンは言わば捜査官の父をシャドルーに殺されて復讐に燃える心を秘めてシャドルーに潜入する春麗であり、言うまでもなく早打ち大会を開催する権力者ジーン・ハックマンはベガである。不死身のインディアン、寡黙な賞金稼ぎ、気障なギャンブラー、子沢山の太っちょ父さん、元ならず者の牧師、金持ちのドラ息子、下品な脱獄囚wなどなどが入り乱れて、それぞれの思惑と自慢の拳銃で優勝を狙う設定もそのまんま。ストⅡの必殺拳が拳銃になってるワケ。ディカプリオやラッセル・クロウに加えゲイリー・シニーズやランス・ヘンリクセンなどの芸達者も出ておりオールスターキャスト・・・と言っては言い過ぎかも知れないが意外に知った顔が多く出てるのが楽しい。拳銃を抜く合図である、時計の分針がガチャリ!といつ音を立てるかといったスリリングなシーンや、頭に開いた
穴ごしに相手が見えるシーンなど、『スパイダーマン』と言うか『死霊のはらわた』的なサム・ライミ監督と一発で解る構図。面白い。テーマ曲がまたかっこいいんですよね。人生で初めて劇場公開時に「おかわり」して観た映画です。

作品の詳細

作品名:クイック&デッド
原作名:The Quick and the Dead
監督:サム・ライミ
脚本:サイモン・ムーア
公開:アメリカ 1995年2月10日、日本 1995年11月18日
上映時間:107分
制作国:アメリカ、日本
製作費:3200万ドル
興行収入:1800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. バットマン フォーエヴァー

  2. リコシェ 炎の銃弾

  3. アイ・スパイ

  4. エンド・オブ・ウォッチ

  5. オーシャン・オブ・ファイヤー

  6. グレートウォール

PAGE TOP