ラブ・ロマンス

微笑みをもう一度

傷ついて泣いた分だけ、明日のあなたはやさしく輝く

ストーリー:高校時代学園のクイーンだったバーディ(サンドラ・ブロック)は、ハンサムな花形アメフト選手と結婚し、娘と3人で幸せな日々を送っていた。そんなある日、ゲストに呼ばれたTVの公開番組の中で、親友から夫との不倫を告白されてしまう。絶望のどん底に落ちたバーディは、逃げるように故郷へ帰る。しかし、そこで待ち受けていたものは世間の好奇の目であった。さらに、追い討ちをかけるように訪れた母の死。それでもバーディは、同窓生ジャスティン(ハリー・コニック・ジュニア)の変わらぬやさしさに心癒されながら、自分自身で再び輝きを取り戻していく・・・。

キャスト:サンドラ・ブロック、ハリー・コニック・ジュニア、ジーナ・ローランズ、メイ・ホイットマン、マイケル・パレ、キャメロン・フィンレイ、ロザンナ・アークエット、キャシー・ナジミー、コニー・レイ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★  派手さはないけど

ほろ苦くて少し悲しくて、何だか忘れられない映画で、好きです。元旦那役のマイケル・パレの「かつては自信に満ちていた」感が、芝居なのか地なのか(笑)、うまくハマってました。老いも若いもそれぞれの立場で展開される親子の愛情、互いの存在感、あまり色々考えずに素直に楽しんで欲しい映画です。個人的にはおばあちゃんが好きだなあ。しかし今になって見直してみれば、ハリー・コニックJr.がなんか、こんなにエロかったのかと、ちょいとだけこそばゆく(笑)

★★★★☆ サンドラが、一番美しい時の作品

一番可愛いサンドラが見たいなら、『あなたが寝てる間に』がお勧めですが、一番美しいサンドラが見たいなら、この作品がお勧めです。ストーリーは、夫に浮気され、別居して故郷に帰ってきたサンドラが、その辛さを、なかなか忘れる事が出来ずに、最後まで、ジメジメとした、すっきりしない空気で進んで行きます。終わりの展開が、あまり良く呑み込めず、ちょっと残念な作品でした。微笑みを取り戻して行く描写や、心の変化を、もっと上手く作って欲しかったです。でも、彼女の作品のなかでは、最高に美しい彼女が見れるので、お勧めです。サンドラが好きな方は、是非。

作品の詳細

作品名:微笑みをもう一度
原作名:Hope Floats
監督:フォレスト・ウィテカー
脚本:スティーヴン・ロジャース
公開:アメリカ 1998年5月29日、日本 1999年3月13日
上映時間:112分
制作国:アメリカ
製作費:3000万ドル
興行収入:8100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. サイドウォーク・オブ・ニューヨーク

  2. トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part1

  3. 恋人たちのパレード

  4. 愛の選択

  5. 五線譜のラブレター

  6. エバーラスティング 時をさまようタック

PAGE TOP