ホラー

ゴースト・オブ・マーズ

鬼才ジョン・カーペンターが放つ異色のハードゴア・バトル・ムービー!

ストーリー:西暦2176年、地球人は火星を植民地化していた。そんなある日、謎の古代遺跡を発見した人間の手により、禁断の封印が解かれてしまう。それは火星の先住民族の亡霊たちを閉じ込めていたパンドラの箱だった・・・。永い眠りから覚醒した亡霊たちは肉体を求めて人間に憑依。邪悪な怪物に変貌したヤツらは次々と人間に襲いかかる!この非常事態を打破すべく火星警察MPFのメラニー(ナターシャ・ヘンストリッジ)と犯罪者ウィリアムズ(アイス・キューブ)らが協力、火星を舞台に生き残りを賭けた死闘を始める。最期に生き残るのは、人間かそれとも・・・。

出演:ナターシャ・ヘンストリッジ、アイス・キューブ、ジェイソン・ステイサム、クレア・デュヴァル、パム・グリア、ジョアンナ・キャシディ、ローズマリー・フォーサイス、ワンダ・デ・ジーザス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★  娯楽映画として楽しめました。

前半 1/3 は状況設定が火星と言う事もあり、赤っかな退屈なシーンが多々ありましたが、その後の展開は観てて楽しめました。後半の戦闘シーンにヘビメタをBGMに使ったあたりが、フェノミナと言うグロ映画に通ずる快活感があり、スッキリとして纏められたと思います。まぁ、良くも悪くもカーペンター氏らしい定番の味付けに満足できました。

★★★★★ 最高の C級 映画ここにあり!

チープ感、ユルユル感、ダサダサ感、全てにおいて極上のC級感が炸裂してる! 素晴らしい!

★★★★★ ロックなホラー!こりゃ面白い!

残酷描写がスカっとしてます♪「ウダウダ文句言うな!黙って観ろ!」との製作者の声が聞こえてきそうなくらいのとてつもないパワーを感じる作品。細かい話し抜き、理屈なしの面白さがあります!アクションホラーの傑作の部類でしょう!サバイバル系好きな人なら迷わず買いッ!

★★★★☆ マッドマックス+ゾンビ

美人司令官が統率するチームが未来の火星で、マッドマックス+ゾンビを混ぜたような集団と戦ってサバイバルする戦闘アクション。火星基地の不気味な雰囲気とかあり、宇宙っぽい雰囲気での戦闘アクションは、娯楽映画として面白い。高尚な意味を映画に求める人からは低評価でしょう。単なる娯楽です。

★★★★☆ ハードコア

今時無いハードコアゴアアクション。ヘビメタサウンドをバックに火星の亡霊達がスゴイカッコで迫ってきます!首チョンパは当たり前!ショボイ爆発でまとめて吹っ飛ぶのも当たり前!超B級な内容でカーペンターぽいようなそうで無いような変な映画です。ですが一年くらい経った時にまた見たくなる不思議な魅力を持ってます。映像は赤っぽい色使い等も綺麗に見えますし音響も問題なし。ステイサム兄貴がでているのがビックリでどんだけ女好きなんだ的な役に驚きを隠せません。そして最後のアイスキューブのカメラ目線がアツすぎです!

★★★☆☆ 一般向きではない。

カーペンターのファンかそうでないかで、相当に評価が分かれている作品のようですね。決してマイナーな監督ではなかったのですが、本作の劇場公開は東京では渋谷のミニシアター一館のみという寂しさ。ファンはあの独特のムードや音楽などを喜んで賞味する訳ですが、一般の映画ファンはもう「ゼイリブ」辺りで見放していたみたいです。真夏の猛暑の中を渋谷まで足を運んで鑑賞し、劇場の入り口で火星警察の隊員バッジを貰ったのが今でもいい思い出です。

作品の詳細

作品名:ゴースト・オブ・マーズ
原作名:Ghosts of Mars
監督:ジョン・カーペンター
脚本:ラリー・サルキス
公開:アメリカ 2001年8月24日、日本 2002年7月13日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
製作費:2800万ドル
興行収入:1400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. ヘンゼルとグレーテル おそろし森の魔女

  2. 月下の恋

  3. 遊星からの物体X

  4. ファイナルデッドコール

  5. カラー・アウト・オブ・スペース -遭遇-

  6. フレイルティー 妄執

PAGE TOP