サスペンス

彼が二度愛したS

愛と金と欲望が渦巻くニューヨーク この騙しあいに勝つのは誰

ヒュー・ジャックマン×ユアン・マクレガー 二大スターが火花を散らす極上のサスペンス!
セクシーな弁護士 VS 冴えない会計士 真逆な立場の2人の男が騙し騙され、心理ゲームをくり広げていく。
これまでナイスガイやヒーローを演じることが多かったヒュー・ジャックマンが悪役に挑戦。さらに自身が初プロデュースを手がけた意欲作!

NYの秘密会員制セックスクラブを舞台にくり広げる大人のエロティック・サスペンス
NYのエグゼクティブのためだけに存在するセックスクラブ。そんなクラブで一人の女に出会ったことから騙しあいのゲームが始まる・・・。官能とスリルが交錯するエロティック・サスペンス!

運命の女“S”にミシェル・ウィリアムズ!
妖美な色気をまとい、強烈な印象を残して男を本気にさせるミステリアスな女を演じきり、実力派女優としての存在感をアピールしている。
マギーQ、シャーロット・ランプリングら名女優の妖艶シーン!
『ダイ・ハード4.0』などで目覚しい活躍を遂げているマギーQや、ベテラン女優シャーロット・ランプリング、『スピーシーズ』のナターシャ・ヘンストリッジらが一夜限りの情事に溺れる女性を演じ、妖艶な肢体を大胆に披露!

ストーリー:Yの孤独な会計士ジョナサン(ユアン・マクレガー)はある日弁護士のワイアット(ヒュー・ジャックマン)と出会い、NYエグゼクティブのためだけに存在する秘密の会員制セックス倶楽部を知る。ジョナサンは美しく優雅な女たちとの一夜限りの情事にハマっていく。そんなある日、以前地下鉄で一目惚れしたミステリアスな女性“S”(ミシェル・ウィリアムズ)が倶楽部の相手としてやってきて、本気の恋に落ちていく。しかし彼女は突然ホテルから姿を消し、ベッドには血痕が残っていた。それがワイアットが仕掛けた罠の始まりだった・・・。

出演:ヒュー・ジャックマン、ユアン・マクレガー、ミシェル・ウィリアムズ、リサ・ゲイ・ハミルトン、マギー・Q、ナターシャ・ヘンストリッジ、シャーロット・ランプリング、レイチェル・テイラー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 一目ぼれから始まった大人の恋とサスペンス

いかにも女性を扱いなれた男としてヒュー・ジャックマン。うぶな男としてユアン・マクレガー。役どころはぴったりでした。一目ぼれから始まった恋とサスペンス。大人むけの際どいシーンが何度も登場。サスペンスタッチのストーリーでもありましたが、さいごまで「うぶな男」であり続けたユアン・マクレガーによって、中身は「メルヘン」みたいな恋でした。私は、今回のユアン・マクレガーの演技に拍手を送ります。地下鉄で始まる恋物語。あってもおかしくない話にも思えました。ナターシャ・ヘンストリッジが出てきた時は、嬉しくて思わず手を叩きましたが、「人目を惹く為の出演」と言うところだったみたいで、チョットがっかり。

★★★★★ 予備知識なしで

予備知識なしで、なんとなくタイトルに惹かれて観てみました。面白かったです。私はサスペンスが好きでよく見ますが、この作品もかなり楽しめました。予備知識があると先が結構読めてしまうかもしれませんが。伏線がきちんと張ってあって、その回収の仕方もきれいだと思います。映像もきれいですし、俳優陣が皆いいです。

★★★★☆ 主演の二人がいいです!!

なかなか見応えのあるサスペンスでした。見所は主演の二人、ユアン・マクレガー、ヒュー・ジャックマンに尽きます。典型的な真面目な会社人間をユアン・マクレガーが好演したかと思えば、ヒュー・ジャックマンも負けずとプレイボーイそしてクセのありそうな悪役と見事に立ち回ってます。終盤ではデフォーの様に見えてきました(笑)彼にこういう役は合いますね〜!!携帯一つで人生が180°変化し、女性遊びに没頭していく様は人間の際限ない欲をまざまざ見せ付けられます。全てを計画していたとなるとちょっと無理な設定、展開もあった気もしましたが、まぁ娯楽ということで・・・。ラストがいまいちに感じました。もう一捻りあれば最高でしたが・・・。若干詰めが甘い印象です。

★★★☆☆ 役者の魅力で満足しました!

登場したときからワイアットが怪しすぎて、何か罠をしかけてるんだって臭いがプンプン。真面目そうなジョナサンがターゲットなのねと、その後の展開にワクワクしながら見ていました。エグゼクティブ専用の秘密クラブ、女の失踪と、裏に何かありそうな雰囲気もそそられました。が、いまいち不完全燃焼・・・。ユアン・マクレガー、ヒュー・ジャックマンと、いい男を2人揃えている割に盛り上がらないの。モテない君の行動パターンを読んだ犯罪計画も、偶然性に頼りすぎててニヤリ度が低かった・・・。詰めの甘い話だけれど、カッコいい役者の魅力で十分満足できる、そんなサスペンスだった。

作品の詳細

作品名:彼が二度愛したS
原作名:Deception
監督:マーセル・ランゲネッガー
脚本:マーク・ボンバック
公開:アメリカ 2008年4月25日、日本 2008年11月8日
上映時間:108分
制作国:アメリカ
製作費:2500万ドル
興行収入:1700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 愛と言う名の疑惑

  2. 将軍の娘 エリザベス・キャンベル

  3. ギリシャに消えた嘘

  4. マネーモンスター

  5. ブラックサイト

  6. バンテージ・ポイント

PAGE TOP