ドラマ

スティーブ・ジョブズ

口先ひとつで、世界を変えた男・・・彼は、カリスマであり、変人であり、父であった

ストーリー:1984年、アップル新製品の発表会本番40分前。今日の主役のパソコンMacintoshが「ハロー」と挨拶するはずが、黙ったまま。「直せ」とスティーブ・ジョブズ(マイケル・ファスベンダー)は冷徹に言い放つ。15分前、音声デモと格闘するアンディを脅し、突然胸ポケット付きの白いシャツを用意しろとジョアンナ(ケイト・ウィンスレット)に命じ、共同創業者で親友のウォズニアック(セス・ローゲン)から頼まれたAppleIIチームへの謝辞をはねつけるジョブズ。そして2分前、自ら連れて来た新CEOのスカリー(ジェフ・ダニエルズ)と舞台袖で交わした意外な会話とは?

出演:マイケル・ファスベンダー、ケイト・ウィンスレット、セス・ローゲン、ジェフ・ダニエルズ、マイケル・スタールバーグ、キャサリン・ウォーターストン、パーラ・ヘイニー=ジャーディン、サラ・スヌーク

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 良いと思います…

ジョブズ信者でなくても楽しめる映画です。ジョブズの人間性がよく描かれていてカリスマ的な人物だと改めて感じた…繰り返して観ると良さが分かる映画です。

★★★★★ スティーブがカッコイイ!!

これはアップルの偉業を称える映画ではなく、『スティーブ・ジョブズ』自身の人間性を描いた映画です。映画は1984年・1988年・1998年の3つのパートで構成されており、それぞれがその年の製品発表会直前の舞台裏のスティーブを描いている。最初は『役者がスティーブに似てないのでは?』と思ったりもしたが、見終わる頃には『これはスティーブ以外の何者でもない!』と感動させられていた。それは紛れもなく演技力の力だ。役者の演技力が光る、素晴らしい作品です。

★★★★☆ LISAの意味

スティーブ・ジョブズという人物の一面を切り取った作品。生い立ちを含め、ジョン・レノンとかぶる部分を感じました。どんなに苦しくても流されず妥協を許さない己であれるところが凡人との差なんでしょうね。内容的には LISAの意味を最後にひっくりかえすところがこの映画がスティーブ・ジョブズについて語りたかったところかなケイト・ウィンスレットが『タイタニック』のときより美しくというか魅力的になっていてびっくり。

★★★☆☆ どんな人だったのかが重視されて作られているんですね

アシュトン・カッチャー主演の『スティーブ・ジョブズ』みたいにApple創業時から順序立てて物語が進んでいくわけではなく、本人の人となりがどんなだったかが分かるエピソードに集中して作ったという感じでした。家族との関係の描かれ方も違いました。どっちが本当なんだろう?

作品の詳細

作品名:スティーブ・ジョブズ
原作名:Steve Jobs
監督:ダニー・ボイル
脚本:アーロン・ソーキン
公開:アメリカ 2015年10月9日、日本 2016年2月12日
上映時間:122分
制作国:アメリカ
製作費:3000万ドル
興行収入:3400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. アンフィニッシュ・ライフ

  2. ファミリー・マン ある父の決断

  3. 地球の静止する日

  4. プリティ・リーグ

  5. イン・アメリカ/三つの小さな願いごと

  6. バッド・トリップ 100万個のエクスタシーを密輸した男

PAGE TOP