ホラー

IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。

世界64ヵ国No.1大ヒット! すべての謎が明らかになる・・・

ストーリー:ルーザーズ・クラブがペニーワイズ(ビル・スカルスガルド)を撃退してから27年後、ついに“それ “が帰ってきた。すでに大人となり、それぞれの道を歩んでいたルーザーズの面々だが、メイン州デリーで再び行方不明事件が発生すると、マイクは他のメンバーを故郷に呼び戻す。過去のトラウマを引きずりながらも、一人一人が心の奥底に抱いている恐怖を克服しなければならない。かつてないほど凶暴化した“それ “、ペニーワイズを完全に葬り去るために・・・。

出演:ビル・スカルスガルドジェームズ・マカヴォイ、ジェイデン・マーテル、ジェシカ・チャステイン、ソフィア・リリス、ジェイ・ライアン、ジェレミー・レイ・テイラー、ビル・ヘイダー、チョーズン・ジェイコブス、ビル・スカルスガルド

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ITの真実はここに…って感じです

非常に面白かったです。今までITシリーズ全部見てきたので、最後のこれは凄く見応えもあり新しいキャラクターが沢山出て来て面白かったです。見応えあってとても良かった。

★★★★★ 恐怖心

恐怖心をあおる映像、音響効果は絶賛!人間心理に基づいたホラーです。思い出すだけで恐怖がよみがえります!

★★★★★ 期待はしていなかったものの

個人的な話ですが、スティーヴン・キング原作の作品を見る際、ホラーという括りでは考えていません。前作のIT chapter.1ではスタンドバイミー+SFを混ぜたような内容でそこにいる人や感情、情景を楽しむものだと思っております。今作では27年後、過去と向き合いキャラクターの気持ちや関係性が動いていく様がとても心地よく、見ていて素直に楽しかったです。小ネタにクスクスと笑ってしまったり、ホラーシーンであってもオチがついていていい意味で軽くて見易かった。安易なグロが無いのでそこで気分が悪くなることもないです!気味悪さと青春と人間ドラマと、ごちゃ混ぜでボリューミー。それがこの作品の魅力だと思います。

★★★★☆ ホラー要素は少なめ

前半はルーザーズの再会とそれぞれの記憶をめぐる旅、後半がペニーワイズとの対決という構成になっています。前作ほどのホラー要素はなく、登場人物の成長とか絆に重点が置かれている印象です。

★★★★☆ 謎が解けた解放感

前作の続編ということでずっと気になっていましたが、劇場で見るタイミングを失ったのでAmazonで見ました。スティーブンキングらしい、ちょっと切ないストーリー。でも謎が全部解けたので、ほっとしました。前作のもやもやを引きづっているひとにはおすすめ。すっきりします。

★★★☆☆ 照明が・・・

原作やテレビ映画の前作と比べずに、純粋にホラー映画として観ても決して悪くはないと思う。ただ長いけど・・・ホラーの演出上、暗闇など暗い部分が多様されるがこの映画の照明はイマイチで、暗すぎてよく分からない,見えない部分が多かった。キング本人も出演していたけど、いい歳のおじいさだった。

★☆☆☆☆ 長過ぎ!

長い割に中身はスカスカ。そして全く怖くないのが致命的。結局、ITの正体も解らず仕舞い。退治方法も雑過ぎて失笑するレベル。旧作の方が全然マシ。

作品の詳細

作品名:IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり
原作名:IT:chapter two
監督:アンディ・ムスキエティ
脚本:ゲイリー・ドーベルマン
原作:スティーヴン・キング『IT/イット』
公開:アメリカ 2019年9月8日、日本 2019年11月1日
上映時間:169分
制作国:アメリカ
製作費:7900万ドル
興行収入:4億7300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ウィッチ

  2. 死霊船 メアリー号の呪い

  3. サイレントヒル: リベレーション3D

  4. 悪魔のいけにえ3 レザーフェイス逆襲

  5. 死霊館のシスター

  6. MAMA

PAGE TOP