コメディー

トラブル・イン・ハリウッド

映画業界の裏側、暴露します

ウソのような本当の話?あるハリウッドの映画プロデューサーに降りかかる2週間の大騒動!

ストーリー:映画プロデューサーのベン(ロバート・デ・ニーロ)は、現在、ショーン・ペン主演のサスペンス映画の編集と、ブルース・ウィリス主演作品の製作準備に大忙し。言うことを聞かない俳優、クセモノ監督、そしてスタジオからのプレッシャーなどなど、次から次へと信じられないようなトラブルが続出。そんな中、前妻(ロビン・ライト)や娘(クリステン・スチュワート)とも大モメ状態に。はたしてベンのプロデューサー業の行く末は?

出演:ロバート・デ・ニーロ、ショーン・ペン、ロビン・ライト、クリステン・スチュワート、スタンリー・トゥッチ、マイケル・ウィンコット、ブルース・ウィリス、ムーン・ブラッドグッド、ジョン・タトゥーロ、リリー・レーブ、キャサリン・キーナー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ ギョーカイの裏側を見せます。

ハリウッドの映画プロデューサーを主人公にギョーカイ系そのものの人間模様や諸事情を描いたユニークな作品です。ギョーカイ系といえば、日中も夜中も時間に関係なく、分刻みで仕事が進んでいて、絶えず目配りしなければやってられない、プライベートも仕事が優先されて後回しになってしまうという。まさしく、その現場をリアルに伝えようとしています。特別待遇で言うことを聞かないハリウッドスター、頑なにポリシーを持った映画監督、言い寄ってくる女優のたまご、高圧的なスポンサー、板ばさみ状態のエージェントなどなど、それぞれの人間模様の中で、問題を解決していくのがギョーカイ系のミッションなるもの。それに、プライベートでは、高収入はあれども、うまくはいかない生活、それも始終仕事に巻き込まれることにより招いた崩壊なのです。この作品では、そういった奔走の中で、ギョーカイ系たるものを笑いを込めたコメディタッチでうまく表現しています。

作品の詳細

作品名:トラブル・イン・ハリウッド
原作名:What Just Happened
監督:バリー・レヴィンソン
脚本:アート・リンソン
公開:アメリカ 2008年10月17日、日本 2010年9月4日
上映時間:104分
制作国:アメリカ
製作費:2500万ドル
興行収入:670万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>

  2. もしも昨日が選べたら

  3. Gガール 破壊的な彼女

  4. ミスター・グッド・アドバイス

  5. アメリカン・パロディ・シアター

  6. クッキー・フォーチュン

PAGE TOP