コメディー

テッド

どこだって出没してやるから一緒にモコモコしようぜ!

下品な中年オヤジに成長したテディベア・テッドと大人になりきれないダメ男の友情を描いたコメディ

ストーリー:時は1985年のクリスマス。8歳の男の子ジョン・ベネットは、両親からテディベアのぬいぐるみをプレゼントされる。近所の子どもたちから仲間はずれにされ友だちが一人もいないジョンは、ぬいぐるみをテッドと名づけて片時も離さずにいた。だけど・・・ジョンは星に願いをかけた。「テッドが本当にしゃべってくれたらいいのに・・・」すると奇跡が起きた。何とテッドに命が宿り、「僕をハグして! 」と、しゃべりかけてきたのだ。こうして、ジョンとテッドは、いつまでも仲良く一緒に暮らしたのだった・・・。それから27年の歳月が流れ、ジョンとテッドは今も一緒にいた。35歳になったジョン(マーク・ウォールバーグ)はレンタカー店員としてうだつの上がらない日々を送っている。テッドは昔のまま見かけだけは愛くるしいぬいぐるみのままだったが、中身はまったく可愛くないキャラに変貌していた。一時は“生きたテディベア”として全米メディアのスターとなったテッドだが、一発屋の悲しいさだめ、今ではすっかり世間から忘れ去られている。テッドの口から出るのは愚痴と皮肉と毒舌ばかり。一日中、居間のソファに座ってマリファナを吸っている。そんな時、ジョンは人生二度目の奇跡に遭遇していた。超イケてる彼女ロリー(ミラ・クニス)をゲットしてしまったのだ。だが、彼女はジョンがいつまでもテッドと自堕落な生活を続けているのが気に入らない。悩んだ末、ジョンやはりロリーとの将来を選ぶことにした。テッドと別れてロリーと暮らす決意を告げると、テッドはスーパーマーケットに就職し、さっそく同僚の美人女性店員をナンパしたりして、けっこうよろしくやっている。これでよかったのだ。ジョンもテッドも大人の階段を一歩上った・・・はずだったが、ある日、事件が起きてしまう・・・。

出演:マーク・ウォールバーグ、ミラ・キュニス、ジョエル・マクヘイル、ジョヴァンニ・リビシ、エイディン・ミンクス、パトリック・ウォーバートン、マット・ウォルシュ、ジェシカ・バース、ラルフ・ガーマン、ジェシカ・ストループ、メリッサ・オードウェイ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 本当に面白い!

字幕も良いですが、吹替・有吉さんも最高です。テッドは可愛くて面白くて感動もあり大好きです。

★★★★★ ひどい映画だった(笑)

いやー、これはとてもじゃないけど子供に観せられない(笑) でも自分がアメリカ人だったらもっと楽しめるんだろうなぁ・・・。勧めないけど、勧めます!(笑)

★★★★★ 大人が一番ウケる内容

40代後半から50代前半で若い頃から洋楽好きだった日本人にはよく理解ができる内容だね。ユーモアの連続ですべて理解できるから観ていて楽しかったです。ちょうど視聴対象を子供に定めてるようで照準は実はその親世代に充てられてるのが観ていてわかりました。俺もTedのようなエッジの効いたマシンガンジョークが言えるようになりたいね。

★★★★☆  下ネタ満載

映画館で見て、中古で安いのを見つけ購入。ぬいぐるみ目当てでしたが、ちゃんの出品者情報みてなくて、欠品のやつだったのねー。がっかり。なんか下品でどうのこうの書いてる方いますが、そんな最初かわかりそうなもんでしょ。何言ってるのかしらー。普通にコメディで面白いけどね。

★★★★☆  楽しめた

下ネタ多め、子供にはちょっと見せれないかな。オマージュの作品の元ネタを知ってればもっと楽しめたと思う。デッドが何故動いて喋りだしたとか気にしちゃダメ。

★★★☆☆ 子どもには見せられません

完全に大人向けです。汚い英語を学びたい人にはお薦めです。でも、テッド2の方が面白いですよ。

★★☆☆☆ まぁまぁかなぁ〜

まぁまぁかなぁ〜💦あんまり、幼児には、見せたくないかなぁ〜💦

作品の詳細

作品名:テッド
原作名:Ted
監督:セス・マクファーレン
脚本:セス・マクファーレン
公開:アメリカ 2012年6月29日、日本 2013年1月18日
上映時間:106分
制作国:アメリカ
製作費:5000万ドル
興行収入:5億4900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ドッジボール

  2. キンダガートン・コップ2

  3. 俺たちスーパーマジシャン

  4. アメリカン・テラスハウス

  5. 未来は今

  6. ミステリー・メン

PAGE TOP