コメディー

スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち

 新旧豪華スター共演で贈るブラックユーモア満載の犯罪コメディ!

ストーリー:L.A.のおんぼろアパートで犬と暮らすぽっちゃりニートのフランクリン(マット・ルーカス)。左隣はイカれたヤク中男、右隣は短気なジイさん画家、みんなそれぞれ干渉せず、ワケありな暮らしを営んでいた。そんなある日、フランクリンは家賃を払えと突然乗り込んできた大家と揉み合いになり、弾みで彼を殺してしまう(正確には大家が勝手に転んで自滅したのだが)。パニックに陥ったフランクリンは、ない知恵を必死に絞り出し、やがてハチャメチャな死体処理と証拠隠滅を計画する。小さな安アパートを舞台に巻き起こる世にも奇妙な珍騒動!

出演:マット・ルーカス、ジェームズ・カーン、ジェームズ・マースデン、ジョニー・ノックスビル、ビリー・クリスタル、ジュノー・テンプル、ピーター・ストーメア、ドルフ・ラングレン、サフロン・バロウズ、アマンダ・プラマー、レベル・ウィルソン、ロージー・ペレス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ドラマ映画のコーナーに置いてほしいな。

ダメ人間なのに生き方や頑張り方がわからなくて、ダメ人間のままでい続ける主人公。だけど前半でたった一人の家族の兄を想い、泣きながら唄う場面で彼のなるようにならない人生を感じ、次第に好感が持てるようになりました。自分に近い部分がなければ親近感が持てないというのはあり得ない、僕は二人兄弟の弟という点くらいしか彼と共通点は無いけど、コメディ過ぎない演出と主演のマットルーカスの演技がリアルな人間を描き出し、絶対的にダメな人間ではない主人公に親しみが持てると思います。なんかあまり評価はよろしくない様ですが、僕はなかなか心に沁みた傑作でした。主軸ではありませんけど、後半に出てくる救急隊員のセリフはグッと来ます。

★★★★☆ 事前知識無しで鑑賞

「何だこれは!?」という感の強めな前半を頑張って凌いでもらうと、後半とラストはありきたりですが、じんわりと沁み入るものがありました。新旧の役者が織り交ざっていたのもグッド。また、俳優達の演技が大変自然に見えました(彼ら自身の力と監督の演出か)。忘れ得ぬ役者の演技との邂逅は偶然によるもの。また、興味の無かった俳優のいい味わいにある日感銘を受けられるのも、いろんな作品を見てこそ出会える妙なのでしょう。実は目当ての一人であったP・ストーメアは、のっけから「ええぇっ」という登場でしたが、前編通して一番のクソ野郎役であり、その点も満足★。

作品の詳細

作品名:スモール・アパートメント ワケアリ物件の隣人たち
原作名:Small Apartments
監督:ジョナス・アカーランド
脚本:クリス・ミリズ
公開:アメリカ 2013年2月8日
上映時間:97分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す
楽天SHOWTIME

関連作品

  1. オースティン・パワーズ ゴールドメンバー

  2. ブロッカーズ

  3. エルフ~サンタの国からやってきた~

  4. ハード・ウェイ

  5. 明日の私に着がえたら

  6. グレッグのダメ日記4

PAGE TOP