ラブ・ロマンス

恋のトリセツ 別れ編

恋のルールと別れの手引き

現代のイケテル!? 独身男女が巻き起こす新感覚スクランブル・ラブ・コメディ!

ストーリー:フィアンセに突然フラれたクインシー(ジェイミー・フォックス)は、恋の入門書はあっても“恋人との上手な別れ方”の専門書がないことに目をつけ、『別れの手引』を執筆する。本はたちまちベストセラーになり、恋愛の教祖と崇められることにーー。しかし現実の恋愛はマニュアル通りにはいかずトラブル続出! 友人、恋人との三角関係など事態は思わぬ方向へ・・・。

出演:ジェイミー・フォックス、ジェニファー・エスポジート、モリス・チェストナット、ガブリエル・ユニオン、ピーター・マクニコル

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ アイ・ラブ・ジェイミー♪

アクターズスタジオで披露した華麗なピアノさばき、うっとりするような歌声、Rayのまねをして見せる彼・・・作家、脚本家、コメディアン、オスカー俳優、歌手等、これだけ肩書きのある人って中々いませんよね。私はRayを映画館で見て、彼の演技が単なる「モノマネ」ではないと感じ、以来、彼の作品を追い続けています。近日発売される”Ray””アイ・マイト・ニード・セキュリティ”も予約済み。本作品ではRayとは全く違う彼の「キュートさ」が前面に押し出されており、もう最高!テンポが速いのですが、決して疲れませんし、鑑賞後、爽やかな感じを残してくれる素敵なコメディです。本当に脚本が上手く出来てるし、ジェイミーをはじめ、どの役者さんも生き生きと演じてる感じがします。ドタバタだけどHappy endingで本当にオススメです。

★★★★☆ 意外に良く出来たコメディかも。

正統派の美男/美女じゃないけど、カッコ良かったり可愛かったりする人って結構多いですよね?そんなナイスなキャスティングで繰り広げられる恋愛コメディなので、意外に現実味があって、“力技”で強引に笑わそうとするコメディ俳優を使った“ウザイ”映画ではないです。テンポ良く話が転がっていくので、最後まで一気に。シェイクスピアの喜劇を現代版にアレンジ・・ってのはちょっと言い過ぎかな!?(笑)

作品の詳細

作品名:恋のトリセツ 別れ編
原作名:Breakin’ All the Rules
監督:ダニエル・タプリッツ
脚本:ダニエル・タプリッツ
公開:アメリカ 2004年5月14日、日本 劇場未公開
上映時間:85分
制作国:アメリカ
製作費:1000万ドル
興行収入:1200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. her/世界でひとつの彼女

  2. 世界の涯ての鼓動

  3. マジック・イン・ムーンライト

  4. 男が女を愛するとき

  5. 幸せのレシピ

  6. P.S. アイラヴユー

PAGE TOP