コメディー

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日

世界の終りにわがままセレブが大暴走!

ストーリー:LAに住む人気俳優セス・ローゲンは、旧友のジェイ・バルシェルと久しぶりの再会を果たし、ジェームズ・フランコの新築披露パーティに参加する。フランコ自身が設計に携わったという大豪邸には、いつもの俳優仲間ジョナ・ヒル、クレイグ・ロビンソン、ダニー・マクブライドらに加え、大物歌手のリアーナや『ハリー・ポッター』シリーズのエマ・ワトソンをはじめ、音楽、映画、ファッション業界などからセレブリティがキラ星のごとく顔を揃え、パーティは最高潮。ところが突然、かつてない大地震がLAを襲い、大豪邸は火の海に!かろうじて生き残ったセス、フランコ、ジェイ、ヒル、グレイグ、そしてダニーの6人は、限られた食料と水を頼りに、なんとか生き延びるため作戦会議を開く。だが、ひとつだけ残されたスナック菓子“ミルキーウェイ”の取り合いをきっかけに、仲間意識が完全に崩壊。さらに彼らが子どものように揉めている間に、得体の知れない地球外生命体がLAをひたひたと侵略し始めていた・・・。

キャスト:セス・ローゲン、ジェームズ・フランコ、ジョナ・ヒル、ジェイ・バルシェル、クレイグ・ロビンソン、ダニー・マクブライド、エマ・ワトソン、マイケル・セラ、チャニング・テイタム

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 一回見ればいい

高のB級映画でした!ストーリーはまあ、B級って感じ!でもそこがいい!最後のバックストリートボーイズも謎ですが
歌とあってていいです!エマ・ワトソンとかリアーナとかが出てくるのがじわじわきました。

★★★★★ 観る人を選ぶ作品だけれども…

これは面白い!アメリカンコメディ好きには堪らない一本です。内容についてはキリスト教史観を解していればより楽しめます。黙示録を現代に反映して描写していると分かればここで起こる災害や敵(⁉︎)が何なのか、どうしてこうなるのか納得のいくことと思います。ただし「最後の審判」をだいぶ茶化していますので敬虔な信者の方は不愉快な思いをされることでしょう。(笑 そして本作の特徴として出演者がそれぞれ本人役を自分で演じているのですが、どうもファンがイメージする本人をモデルにしているような感じがします。セス・ローゲンは二枚舌で…、ジェイ・バルチェルは神経質で…、ジョナ・ヒルはナルで嫌味で…、マイケル・セラは壊れていて…、そしてみんな器がちっちゃい、などなど我々ファンがコイツはこんな人間だろうと思うネガティブな所をフィーチャーし、嬉々として演じているように見受けられます。特筆すべきはダニー・マクブライドです。(本作の主役は彼ではないでしょうか⁉︎)本物の当人は、良き夫であり良き父であると分かっているのですが「間違いなくこれがダニーだろ‼︎」という暴れっぷりが最高です。ジェームズ・フランコとの絡みやチャニングとの絡みはもう変態的に笑えます。まだ特典映像を観ていませんが、このメンツだとNG集だけで120分は楽しめるんじゃないか、いやむしろそっちの方が観たい!と思わせる何かがこの作品には有ります。更に言わせて貰えばサタデーナイトライブ系の大御所とジェイなどの繋がりでベン・スティーラーやジャック・ブラック辺りがカメオでも出演していれば、もうこれはアメコメの「エクスペンタブルズ」と言っても過言ではないのでしょうか⁉︎(笑 要点は二つです。ジャッジメントデイを知っている事と、出演者をどれだけ知っているか、です。これらによって評価の星が1〜5に激しく変化します。そしてダニーファンには無条件で薦めます。彼の最高傑作です。この作品で彼は2014年度のマイアカデミー賞コメディ部門の最優秀助演男優賞を受賞しています。(笑

★★★★☆ ちょっと笑える

外国のコメディを全く見てこなかった自分にはとても新鮮でした。どんなストーリーなんだろうと見ていたら、予想もしてないぶっ飛んだ展開にそこからは強めの言葉で言い合いしたりする場面が多くなるけど、口喧嘩の中の返しにユーモアがあったりしてちょっと笑える。作品全体で遊んでるみたい、こんな感じでいいんだとなんか元気出る(笑) 好き嫌いは別れると思いますが、あまり期待せずというかリラックスして見てると笑えるとこもあると思います。ちゃんとしたストーリーがあって手の込んだ展開がある作品が好きな人は、新鮮と感じるか最悪と感じるでしょう。

★★★☆☆ 声優が残念。

映画自体は、くだらないが面白かった。しかし、吹き替えの声優が最低レベル。お笑い芸人とかじゃなく、本職を使ってほしい!

作品の詳細

作品名:ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日
原作名:This Is the End
監督:セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ
脚本:セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ
公開:アメリカ 2013年6月12日、日本 劇場未公開
上映時間:106分
制作国:アメリカ
製作費:3200万ドル
興行収入:1億2600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 最後の晩餐/平和主義者の連続殺人

  2. ザ・ハッスル

  3. ムービー43

  4. ホットフラッシュ ワタシたちスーパー・ミドルエイジ!

  5. オー・ブラザー

  6. デッドプール2

PAGE TOP