コメディー

ビートルジュース

人間退治のスペシャリストは、霊界一のトラブル・メーカー!?

奇才ティム・バートン監督の自由奔放なイマジネーションが開花した霊界コメディ!

ストーリー:ニューイングランドの、とある古めかしい家。そこへニューヨークから、今風の家族が越してきた。困ったのが、主であるインテリ夫婦の地縛霊(ジーナ・デイヴィス、アレック・ボールドウィン)。そこで彼らは邪魔者を怖がらせようと、「バイオエクソシスト」なるものを呼び出したのだが・・・。

出演:マイケル・キートン、アレック・ボールドウィン、ジーナ・デイヴィス、ウィノナ・ライダー、キャサリン・オハラ、ジェフリー・ジョーンズ、グレン・シャディックス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 今みても面白い

子供の頃に見た映画、今みるとCGは笑えるくらいちゃっちぃけど、面白かった!レンタル期間の48時間で3回くらい観ました。

★★★★★ 吹き替えは昔と変わらずに最高!

小学生の頃にVHSのビートルジュースを持っていて、大好きで何度も見ていた思い出があります。当時は吹き替えで見ていたので、西川のりおの吹き替えが最高に面白かったのを鮮明に今でも覚えています。20年以上ぶりに見たくなったため、こちらを購入しました。ブルーレイでもDVDでもどちらでもよかったのですが、肝心なのは吹き替えが昔と変わっていないかどうかでした(^o^)笑笑 全く変わらずの吹き替えで最高でした!アダムとバーバラのやりとりも、オーソのあの独特な話し方も大好きです。パッケージに「西川のりお」の明記がなかったのは何故だろうとそこだけ、疑問に思いました。ティムバートン作の中でもこちらは名作です!!!

★★★★★ アメリカ版「大霊界(とは呼びたくないが)」は、ポップでキュートな「ジョークムービー」

何でもっと早く見なかったんだろう!「ジョーク」と「マジ」の絶妙なバランスがいい。「コメディー」じゃなくて「ジョークムービー」と呼びたい。ちなみにレンタルビデオ店では「ホラー」のコーナーに並んでました。ティム・バートンの出世作との事ですが、私的には最高傑作(バットマン→マーズアタック→猿の惑星→スリーピー・ホロウ→ビートル・ジュースの順で見た中での感想)。監督の名前を意識して見た訳ではありませんが、今作を見てはじめて、この監督がこんなに注目されているわけがわかった。キャサリン・オハラ(ホーム・アローンのお母さん役の女優)演じる、幽霊をちっとも怖がらない奥さんが何ともいい味出してます。是非コレクションに加えたい1本(安いしね)。

★★★★☆ USJに行って面白くて見たくなりました!

25歳にして初めてUSJに行き、ビートルジュースのショーをみて、映画をみたくなりました!まさかのしゃべり方が〇〇wwネタバレになるので伏せますがびっくりですw アダムスファミリーのようなホラーコメディが好きな私にはビンゴでした!

作品の詳細

作品名:ビートルジュース
原作名:Beetlejuice
監督:ティム・バートン
脚本:マイケル・マクダウェル、ウォーレン・スカーレン
公開:アメリカ 1988年3月30日、日本 1988年12月10日
上映時間:92分
制作国:アメリカ
製作費:1500万ドル
興行収入:7300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. グレッグのおきて

  2. ポリスアカデミー777 モスクワ大作戦!!

  3. ロード・トリップ

  4. THE DUFF/ダメ・ガールが最高の彼女になる方法

  5. クレイジー・パーティー

  6. アダルトボーイズ青春白書

PAGE TOP