アクション

タイムコップ

過去を変える悪党は、俺が抹殺する!

ストーリー:タイムトラベルが可能になり、TEC(時空管理委員会)の監視にもかかわらず、時空を超えた犯罪が多発した。捜査官のマックス(ジャン=クロード・ヴァン・ダム)は、時空犯罪の黒幕を追って、妻が殺害された忌まわしい’94年へと戻って行・・・。

キャスト:ジャン=クロード・ヴァン・ダム、ロン・シルバー、ミア・サラ、グロリア・ルーベン、ブルース・マッギル、スコット・ローレンス、ケネス・ウェルシュ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 妻への愛が時を超えて

タイムトラベル物では非常に出来のいい作品です。同時代に同一人物が重なれないという設定だと、登場人物が接近するのがあまりにも不自然な気もしますが、そういう細かいことはあまり気にしないでいいでしょう。死んでしまった妻を、とにかくもう一度蘇らせたいという夫の愛が痛いほどよく伝わってきます。そして感動のラストシーン。ジャン・クロード・バンダムの誠実な演技がまた映画に迫力を添えています。とても心温まる映画でもあります。おすすめです。

★★★★★ タイムコップ(DVD)

1994年公開の映画でしたが、現在DVDでじっくりと鑑賞すると自分が漫画で描きたい作品世界とシンクロするところがあり、とてもご機嫌な映画です。シド・ミードの未来的工業デザイナーとしての手腕がSF映画作品世界を見事にデザインされ、日本のSFアニメとは一味違った趣きになっています。作中の人間ドラマの描写も文句ありませんしジャン・クロード・ヴァンダムのアクションと演技も光っています。公開当時、劇場で見れなかったのが非常に残念に感じました。最近の映画にはない満足を与えてくれるとても良い映画だと思います。感激!

★★★★☆ 若き日のヴァンダムが堪能できる良作

久しぶりに見るととにかくヴァンダムが若くて新鮮。このころみたいな無邪気な笑顔が見れなくなって久しいが、まだまだ頑張ってほしいものです。作品の方はSFだが、そんなことは気にせずにひたすらヴァンダムを楽しむ映画。当然ストーリーなんかはあまり気にせずに見れるのだが、唯一あまりにも場違いな、そしてダサすぎる未来が欠点か。ジェームズ・ルーも出てたのか。

作品の詳細

作品名:タイムコップ
原作名:Timecop
監督:ピーター・ハイアムズ
脚本:マーク・ヴァーヘイデン
公開:アメリカ 1994年9月16日、日本 1994年11月12日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
製作費:2800万ドル
興行収入:1億100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. ザ・ガンマン

  2. ランボー/最後の戦場

  3. センチュリオン

  4. コロンビアーナ

  5. スパークス

  6. ストリート・オブ・ファイヤー

PAGE TOP