ドラマ

トゥルー・グリット

コーエン兄弟×スピルバーグが贈る、復讐を誓った少女の壮絶な追跡劇!!

ストーリー:マティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)は信念の強い14歳の少女。ある夜、父親が雇い人のチェイニー(ジョシュ・ブローリン)に無惨にも撃ち殺された。逃亡者となったチェイニーは、ネッド率いる悪党たちの仲間に入る。一方、父の形見の銃を受けたマティは仇討ちを誓い、連邦保安官コグバーンに犯人追跡を依頼。別の容疑でチェイニーを追っていたテキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、3人の過酷な旅が始まる。そして遂に、真の勇気“トゥルー・グリット”が試される運命のときが訪れた・・・。

出演:マット・デイモン、ヘイリー・スタインフェルド、ジェフ・ブリッジス、ジョシュ・ブローリン、バリー・ペッパー、デイキン・マシューズ、ポール・レイ、エリザベス・マーヴェル

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ジョン・ウェインの古き良きウェスタンをリメイク

ジョン・ウェイン主演のオリジナルについては、実は見たことないです。その先入観を無しで観ると、なんと言うか派手さは無いけれど見せる映画だと思います。父親を殺された少女が敵討ちに奮闘するありきたりのストーリーなんですが、ジェフ・ブリッジスとマット・デイモンが主演格、敵役もジョシュ・ブローリンという豪華な配役で見せてくれます。ジェフ・ブリッジスは、こういう飲んだくれたキャラも上手いですね。今は亡きロビン・ウィリアムスと共演した『フィッシャー・キング』でも飲んだくれの演技を見せていましたが、この映画でも見事な汚れ役です。ストーリーとしては敵討ちにのめりこむ少女のために、悪党たちとはいえ死人が続出するとんでもない展開ですが、主役格三人のやり取りで上手く重くならないように作られています。ぜひ、CG満載のアクションだけがアクション映画ではないということをこの映画を観て感じて欲しいですね。

★★★★★ 黒澤明の映画!?ってくらい良い!

開始35分位で「俺はものすごい映画を見ているぞ!」と鳥肌が立った。グイグイと引き込まれれていく。映像の美しさ!リアルさ!細部に渡る丁寧さ!少年少女よ!いや、おっさんおばさんよ!この映画はおとなになって忘れていた「何か」や失った「何か」ではなく持っていなかった大切な「もの」を刻んでくれる映画って本当に良いものですね!

★★★★★ 西部劇の最高峰の映画

映画は見終わった最後5分間の余韻の酔いしれさ!これに尽きると思います。全編を通して、広大なアメリカ大陸の冬の荒野を見せ、人間の心の繋がりが悪人と善人(?)にもそれぞれあって、人間は一人では生きて行けない情景を丹念に美しい映像の中で描いています。復讐の旅に出た14歳の才女の気迫が最後まではらはらさせながら続きます。見どころの最終章は最後30分位ですが、素晴らしい展開をします。最後5分間は何か考えさせられました。素晴らしいとしか言いようの無い映画であり、製作人らの正義心とアメリカのこんな歴史もありなんだという強い信念を感じました。このクラスの映画を日本人で製作できるのは、黒澤明を除いて一人もおらず、演技人も一人もいません。西部劇の最高峰の映画と評価します。

★★★★☆ 懐かしい感じ

CGバリバリのアクション映画が多い中、とてもよかったです。事の発端からすれば、また時代背景からすればこういう展開なのでしょうが、もうちょっとだけ娯楽に酔ってくれてもよかったかな。でもそうすると、この映画の良さや余韻は死んでしまうのかも知れません。

★★★★☆ コーエン兄弟版・今様西部劇

J・ウェイン出演の旧作『勇気ある追跡』が好きな方、往年の名作のファンはご覧にならない方がいいかも知れません。それほどコーエン兄弟版の本作は、印象が違います。父を理不尽に殺害され、犯人のならず者を捕らえようと追う少女。少女の依頼で行動を共にする初老のガンマン。他からの依頼で、少女の追うならず者を狙っている若いレンジャー。旧作は、この三人を愛すべきキャラクターとして軸に据え展開する、カタルシスに満ち爽快ですらある娯楽作。まさに、アメリカ人の愛する「西部劇」でした。しかしこれがコーエン兄弟の手にかかると、どこか乾いた感覚というか…「ろくなもんじゃねえぞ」感の漂うシニカルな物語として観る者に静かに、あるいは饒舌に語りかけてくるのです。少女の復讐の顛末は代償と痛みを伴い、登場人物のその後も、とても「めでたしめでたし」とは言えませんし。でも、胸の底に静かに沈み長く残るようなシーンも確かにありました。キレイでもスマートでもカッコ良くもなくても。コーエン兄弟の今様西部劇、なかなかに痛くて、感慨深かったです。

作品の詳細

作品名:トゥルー・グリット
原作名:True Grit
監督:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
脚本:ジョエル・コーエン、イーサン・コーエン
原作:チャールズ・ポーティス『勇気ある追跡』
公開:アメリカ 2010年12月22日、日本 2011年3月18日
上映時間:110分
制作国:アメリカ
製作費:3800万ドル
興行収入:2億5200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ブレードランナー

  2. ファクトリー・ウーマン

  3. 月を追いかけて

  4. ここよりどこかで

  5. アイ・ソー・ザ・ライト

  6. マイ・サンシャイン

PAGE TOP