ホラー

ケース39

開けてはならない“39件目”の戦慄ファイル

ストーリー:オーブンで焼き殺されそうになる寸前に助けられた10歳の少女リリー(リリス)が、児童専門のソーシャルワーカー、エミリーの家でしばらく暮らすことになった。エミリーの恋人でセラピストのダグも協力し、第二の人生は平穏にスタート。だがその直後から不審死が続発し、エミリーはリリーの言動に不審を抱き始める・・・。

キャスト:レネー・ゼルウィガー、ジョデル・フェルランド、イアン・マクシェーン、ブラッドレイ・クーパー、ケリー・オマリー、エイドリアン・レスター、シンシア・スティーヴンソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ たどり着く景色は・・・

観る者の想像を途中から裏切りまくり(良い意味で)たどり着く景色が予想できず大変面白かった。視覚的な怖さより心理的な怖さに訴えかけてくる。隠れた名作なんじゃないでしょうか?リリー(ジョデル・フェルランド)の演技がゾッとするほどに素晴らしい。また、脚本も良い

★★★★★ このての魔物は、はじめて

コワイよぉ(((^_^;)この娘(((・・;)コワイよぉ!この男(((・・;)コワイよぉ!この悪魔(゜ロ゜)!!!うん!実に よくできた 新たなパターンの魔物ダ!キャー(゜ロ゜) 買って損はしませんよ(*^^*)ブギーマンに継ぐ 新たな魔物出現!

★★★★★ レニー・ゼルウィガーさんとジョデルちゃんの演技に注目

両親にテープで口を塞がれ、オーブンで焼き殺されそうになった美少女リリー。そんなところを目撃したら普通はなんて親!!と思い、子供を救おうとするでしょう。ソーシャルワーカーのエミリーもそうした1人。リリーの両親は自分の娘ではない、悪魔だと主張、誰もそんな事は信じない。しかし、リリーを引き取って依頼、何かがおかしい。段々とリリーの両親のようになっていくエミリー。リリーは悪魔の少女なのか…!? 素晴らしいです、レニー・ゼルウィガーさんの追い詰められていく演技。リリー役の女の子(ローズ・イン・タイドランドのジョデルちゃん)の、エスターのように、大人びた演技が怖い…。息詰まる展開。怖いのなんの。子供は天使?いえいえ、見た目に騙されると、とんでもないことになるものです。流血シーンもばっちりです。最後まで目が離せません。見終わって少しの間、心臓がドキドキしてました。他の方も指摘されている通り、リリーについては、はっきりしてないのです。リリーを娘じゃない、と自分たちが親であることを否定する一応両親。ただ、本当の親でも愛想をつかし恐れをなす程邪悪な悪魔みたいな子供の可能性もありますからね。それとも赤ん坊の時里親になったとか?(それなら親じゃない、というのも意味は通じますが)リリーが何故そうなったかも。観客の想像にまかせるという事でしょうか? 余談ですが、私は子供は天使、というのは好きじゃないのです。大人でも純真さを失ってない人もいれば、子供でも狡猾さや残酷さを持ってる場合もありますから。

★★★☆☆ ちゃんと作ってはいるのだが… どうもメリハリのない作品になっちゃった

ほぼ想定の範囲内のサスペンス・ホラー…。典型的に、可もなく不可もなしの出来。幻と現の境目がなくなるところがキーなわけで、それを観客にも味わわせようというのだろうか、事件の性質が一向にみえないままバタバタと物語は進む。
その未消化感は、残念ながらサスペンスの快楽にはつながっていない。不可思議なものを真ん中に据えるのならば古典的ハリウッド作品のような作りを一緒にずらしてくれないと、ただ単に混乱するだけじゃないかなぁ・・・。実にコメントがしづらい、典型的な★3つ作品、と思いました。

作品の詳細

作品名:ケース39
原作名:Case 39
監督:クリスチャン・アルバート
脚本:レイ・ライト
公開:アメリカ 2010年10月1日、日本 劇場未公開
上映時間:109分
制作国:アメリカ、カナダ
製作費:2600万ドル
興行収入:2800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. ロストサンクチュアリ

  2. モールス

  3. 7 WISH/セブン・ウィッシュ

  4. フライトナイト 2

  5. アイズ

  6. バッフィ/ザ・バンパイア・キラー

PAGE TOP