コメディー

イエスマン “YES”は人生のパスワード

もしも、全てに“YES”と答えたら?

それは、今まで誰も気づかなかった幸せになる方法

人生は毎日がYESかNOかの選択の連続。面倒なことや厄介なことはできれば回避したいし、興味のないことや無理なことにはNOと言うのが賢明な選択・・・でも、もし、それらのすべてにYESと答えたとしたら?そんな、ある意味とんでもなく無謀なルールを自分に課して、本当に実践してみた人物が実在する。イギリス人のユーモア作家でテレビのパーソナリティも務めるダニー・ウォレスがその人。彼があらゆることにイエスと言い続けた7ヶ月間、一体何が起こったのか?彼の日々の顛末を綴った回顧録をもとに、あのジム・キャリーが、スーパーマンならぬ”イエスマン”に捨て身で挑んだポジティブ・エンターテイメント『イエスマン”YESは人生のパスワード”』。

主人公のカール(ジム・キャリー)は、面倒くさい相手からの電話にはいっさい出ず、友達からの誘いも何かと口実をつけては断わり、勤め先の銀行ではローンの申し込みのほとんどを却下する「NO」「いや」「パス」が基本の男。ところが、そん
な彼を見かねた友人に連れて行かれたセミナーで、「どんなことにもYESと答える」と強引に約束させられたことから事態は一変。”YES”というたったひとことが、カールの人生を激変させていく。どんなことでもNOと言ってしまえば、そこでおしまい。その先には、いいことも悪いことも起こらない。”YES”が運んでくるのは、出会わなかったはずの人、行かなかったはずの場所、殴られなくてもすんだ一発、生まれなかったはずのロマンス・・・etc。そこには思わぬ災難もあれば、もちろん最高のハッピーも!いろいろなことに後ろ向きになりがちなこんな時代、あたまからNOと決めてかかる前に、ひとつかふたつYESと言ってみるのもいいかもしれない。

キャスト:ジム・キャリー、ズーイー・デシャネル、リス・ダービー、ブラッドリー・クーパー、ジョン・マイケル・ヒギンズ、テレンス・スタンプ、ダニー・マスターソン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 沈んだ時に明るく元気になれるコメディ

この映画から学べたことは、「the world is a playground (この世は遊び場よ)」ということに尽きます。
「大人になると忘れちゃうの」という主人公の恋人の言葉にドキッとしました。
どうせ生きるんだったら、楽しんだ方がいい。
そんなありきたりで胡散臭い教訓は聞き飽きた、でも無理なんだよ、そう思うかもしれません。私もそんなタイプです。
この映画はそんなひん曲がった私達の心にも、すっとしみ込んで、明るいパワーをくれる名作だと思いました。
様々な伏線が都合よくつながったりする脚本も見事です。強引すぎるという意見もありますが、案外不思議なご縁があったりするのが人生かなと納得できました。
また、人は変われる、ということも感じました。人は変われる、そんな言葉も聞き飽きましたが、見事イエスマンに変われた当事者の体験が原作になっているので、説得力があり、自然に伝わってきました。
常に「イエスマン」であらねばという義務ではなく、自分の中でやりたい!という気持ちがあったらやってみたら、というメッセージにうまいこと纏めていて、個人的には良かったです。
映画っていいもんですね。

★★★★★ イエスイエスイエス!

リーマンを褒め称える映画かと思ったが違った。
自己啓発、カルト宗教が主題なわけでもない。
この映画には面白い哲学がある。
個人が自由に生き方を選択できる世の中だと、逆に疲弊してしまう。
それをどうしたら良いかってことが描かれていると思う。
人間楽な方ばかりを選択してしまいやすいから。
極論、主人公の様に引きこもってしまうのだろう。
しかし、本人の望む結果でも無いはずだ。
そこで、あえて全ての誘いにYESと言ってみる。
実際に遊びと思って試してみたが、簡単なようですごく難しい。笑
イエスとはなかなか言えないのだ。
とても映画のようには出来っこない。
しかし、意外な気づきもあった。
それは、如何に今まで自動的に嫌がったり、物事をよく考えもせずに決めつけてしまっていたということ。
イエスと言いづらいと思ったときに、なんで自分は素直にイエスと言えないのかを考えるキッカケになった。
ゲームだと思って一日、イエスと言う縛りを楽しんでも損はしないと思う。笑

★★★★★ 真面目すぎるあなたにオススメです。

真面目すぎて体調を壊した時に、映画でストレスを晴らそうと思っていたら、この映画のタイトルがピンときて、見ました。笑いあり、恋愛あり、涙あり。最後の最後まで楽しい映像でした。真面目な完璧主義な人(私がそうです)が見ると、心に刺さる良い言葉がたくさんあり、癒されて、楽観思考になります。「もっと人生を楽しみましょう!」と思えるようになります。実に良い映画です。

★★★★★ 主人公は最初から勝ち組だけど

それはこの物語のメッセージと相反しない。
この物語は、「年収」とか「学歴」といった、肉体の外にある「装飾」が立派かどうかという話ではないんだ。
本質はそこでなく、肉体の内部にある「精神力」を豊かにすることで、人生をハッピーにしていこうということ。
主人公に”YES”を勧めた友人は、見るからにブルーカラーだったけど、彼はとても幸せそうでしょ?
仮にこのブルーカラーの友人を主人公に物語を進めたとしても、楽しい映画が完成しただろう。
減点方式の人生ではなく、加点方式で生きていくと楽しくなれるぞという、人生に対する処方箋なんだ。
ちなみに、物語の終盤で語られているけど、この話は「全てにイエスと答えればオールオッケー」という話ではなく、
何事も「イエス」から入ることで、新しい経験をしてそれは糧になるという、一種の哲学が含まれている。
どんな境遇の誰であっても、このポジティブシンキングを身に着ければ幸せに逝けそう。そんな気分になる作品だった。

★★★☆☆ 良い映画だとおもいます。

見ていて感じたのは、なんでもかんでも「YES」という人生もダメで、時にはちゃんと「NO」と言える自分を確立しなければ、良い人間関係は築けないとおもいました。あと主人公が初めっから金持ち設定だったので、急にYESマンになっても周囲の人が良くしてくれてましたけど、貧乏人には全く通用しない世界観が満載ですので、ちょっとむかつきましたw。

作品の詳細

作品名:イエスマン“YES”は人生のパスワード
原作名:Yes Man
監督:ペイトン・リード
脚本:ニコラス・ストーラー、ジャレッド・ポール、アンドリュー・モーゲル
公開:アメリカ 2008年12月19日、日本 2009年3月20日
上映時間:104分
制作国:アメリカ
製作費:7000万ドル
興行収入:2億2300万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ギリーは首ったけ

  2. タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら

  3. ラフ・ナイト 史上最悪!?の独身さよならパーティー

  4. チャンピオン 明日へのタイトルマッチ

  5. クレイジー・ナッツ

  6. Mr.ズーキーパーの婚活動物園

PAGE TOP