アクション

バイオハザードIII

終わらせる、この身を犠牲にしてでも

ストーリー:ラクーンシティでの惨劇から数年後、T-ウィルスの感染は世界中へ広がり、人類はアンデッドへ、地上世界は砂漠へと化していた。さらに、アンブレラ社では“アリス計画”が始動し、アリス(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のクローン実験が繰り返されていく。そんな中、独り世界を彷徨うアリスは、アラスカが感染の及んでいない安息の地だと記されたノートを手に入れる。やがて、離ればなれになっていたカルロス(オデッド・フェール)たちと再会。そしてクレア(アリ・ラーター)と彼女が率いる武装集団も新たな仲間に加わり、一行はアラスカを目指すことに。そこでアリスたちは、燃料や食料を確保するため荒涼のラスベガスへ向かうのだが・・・。

出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール、アリ・ラーター、マイク・エップス、スペンサー・ロック、イアン・グレン、アシャンティ、マデリン・キャロル

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 好きです。

今作では主人公のアリスが超人的な強さを発揮しています。まるで北斗の拳です。特殊な超能力まで使って、ゾンビと戦います。カラスの大群にはビビリましたね。素晴らしい映像のオンパレードです。ゾンビも大群で登場します。アクション映画としても最高の出来栄えです。意外と評価が低いのは残念です。

★★★★★ カッコ良ければすべて良し

確かに、前作に出てた人が無かったことになってたり、ゾンビ化したり、死んでしまったりしてます。ラスボスはあっけなく死にます。エンディングはあの日本人女性歌手が歌っています。けれど、金髪の女主人公がバッタバッタとククリ刀で敵をなぎ払っていく姿は爽快です。私は、それだけの理由で買ってしまうのです。

★★★★★ 前作までとは違った恐怖を味わえました

友人の話では「微妙だった」という評価を言われましたが、そんな事は無かったです。前作までとの大きな違いは、舞台が「昼間」という事です。昼間でも、なんだか不安になるような演出は最高でした。ただ、演出は何だか日本っぽい。バイオハザードは日本から発足したものですから仕方ないですね。アクションシーンはシリーズ最高かと思います。より迫力のあるバイオハザードです。ただ、カメラの切り替えが早いのでパッパパッパシーンが替わって観づらいような印象を受けました。上映時間が94分程度・・・ちょっと短いのでは?シリーズを通して90分〜100分程度で、洋画にしては短いですよね。130分くらい観たかったです。セットがかなり凝っていて、観ているときは「セットだ、コンピュータグラフィックだ」なんて気にしないで観ていました。特典ディスクのメイキング映像は撮影場面を見られて笑えますし、「なるほど」とも思えました。全体的に不完全燃焼というか、「続編が出るのでは?」と思うような仕上がりでした。実際にバイオハザード4の製作が検討されているようです。私は期待しています。前作までを観ていない人も一応楽しめる作りになっていますが、まずは前作までをしっかりと観てからこの作品をお楽しみください。恐怖のホラーアクションを味わってください!!

★★★★☆ 続くから見ないといけないと言った感じです

ゾンビものとして、最初のドキドキ感がなくなりました。1-2作には出てこない、ゾンビもいるのですが。また、主人公の能力もとんでもない方向に発展しており、「どこに行くつもり?」と突っ込んでみたりしています。2作目からそうでしたが、ストーリーの方中心に興味が移り、話が続くから見なければと言ったところでしょうか。舞台が、毎回変わるので、その点は、新鮮な映画としてみることができると思います。そんな人は非常に少ないと思いますが、もちろん、これから見るよりも、一番最初の作品から見ることをお勧めします。

★★★☆☆ それなり

映画館で見ましたがアクションとしてみるとそれなりに楽しめました。ただまったくもって印象に残っていません。1』と『2』はそれぞれに印象に残るシーンがあったのですが、今回はそれほどなインパクトは残念ながらありません。ラストも正直あっけないし、『完結編』と呼ぶほどの展開でもないかと。懐かしやアシャンティの元気そうな姿が見れただけ良かったかも知れませんが。ところで日本版のエンディングテーマとかっていい加減やめて欲しいです。こんなの喜ぶのはアーティストの一部のファンだけであって、映画ファンからすると冒涜的行為にしか思えません。なぜに日本語でもない映画のラストに日本語の歌を聴かないといけないのか、本当に理解できません。

★★☆☆☆ これって、バイオハザードなの?

バイオハザードIとⅡには原作(ゲーム)的な要素が盛り込まれていましたが、Ⅲに至り、アリスはエスパーもどき、元気に走り回るゾンビさん、、、扉を開く時の恐怖感覚は何処へ?

作品の詳細

作品名:バイオハザードIII
原作名:Resident Evil: Extinction
監督:ラッセル・マルケイ
脚本:ポール・W・S・アンダーソン
公開:アメリカ 2007年9月21日、日本 2007年11月3日
上映時間:94分
制作国:アメリカ、イギリス、ドイツ
製作費:4500万ドル
興行収入:1億4700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. インデペンデンス・デイ: リサージェンス

  2. エレクトラ

  3. スパイキッズ3-D:ゲームオーバー

  4. ナショナル・トレジャー

  5. シャドー・チェイサー

  6. ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

PAGE TOP