アクション

エア・フォース・ワン

家族への愛か、国家への正義か…。大統領の結論は、単身でのテロリストへの挑戦だった。

ストーリー:空飛ぶホワイトハウスと呼ばれる大統領専用機《エアフォース・ワン》を、武装したロシア人テロリストが占拠。コルシュノフ(ゲイリー・オールドマン)を中心とする一味は要求が通るまで人質となった政府VIP、側近、そして大統領の家族らを30分毎に一人づつ処刑するという条件をつきつけた。密かに機内に潜む大統領ジェームズ・マーシャル(ハリソン・フォード)は事態打開のチャンスを狙っていた・・・。

出演:ハリソン・フォード、ゲイリー・オールドマン、グレン・クローズ、ウェンディ・クルーソン、リーゼル・マシューズ、ザンダー・バークレー、ウィリアム・H・メイシー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 最高です。

過去に何度も見た映画の中のお気に入りの一つです。この大統領専用機がとてもかっこよくて、ストーリーは涙あり笑いありで、痛快で、そして感動的な映画です。DVDでも持っていますが、Blu-rayで久し振りに観て、またまた感動してしまいました。

★★★★★ ハリソンフォードはやっぱりかっこいい

私の好きな映画の中でトップ3のうちの1つです、とてもかっこいい、そして手に汗握る良い映画です。ハリソン・フォードがアメリカの大統領やるなんてやっぱりめちゃめちゃファンとしては嬉しいことであります。

★★★★★ これぞアクション映画!!

手に汗握るとは正にこのことです。 緊張感の煽り方が非常に上手く、ゲーリー・オールドマンの悪役っぷりもそれに一役買ってます。 アクション映画は舞台のシチュエーションが悪ければ悪い程、窮地に面した時、どう切り抜けるかという点が見物ですが、この映画は大統領というポジションや飛行機に備わっている物を最大限活用し、正にその点は満点と言えると思います。 多少古い映画なのでCGの荒いシーンもありますが、その荒さを補って余りある程の面白さはあります。 CGだけ凝った今日日のアクション映画とは一線を画する本当に面白いアクション映画です。 アクション映画好きの方は必見です。

★★★★☆ よっ、大統領っ!!

見事な娯楽作品です。ハリソン・フォードは強くなくてはならないのです。大統領になっても『インディ・ジョーンズ』なのです。いくら相手が『レオン』でも切れまくって怖かった強敵ゲーリー・オールドマンでも負けるわけにはいきません。大統領がテロリストに狙われるという一見政治色が強い映画に思えますが、ほとんど気にする必要はありません。ご家族で楽しんでみてください。ハリソン・フォードは本当にかっこいいのです。それだけで十分なのです。

作品の詳細

作品名:エアフォース・ワン
原作名:Air Force One
監督:ウォルフガング・ペーターゼン
脚本:アンドリュー・W・マーロウ
公開:アメリカ 1997年7月25日、日本 1997年11月29日
上映時間:124分
制作国:アメリカ
製作費:8500万ドル
興行収入:3億1500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. アイ・アム・ナンバー4

  2. ザ・センチネル/陰謀の星条旗

  3. デス・リベンジ ラストミッション

  4. コードネーム U.N.C.L.E.

  5. ワイルド・レンジ 最後の銃撃

  6. G.I.ジョー

PAGE TOP