ドラマ

ロッキー

15ラウンドを闘いぬくことに、ロッキーは永遠の愛をかけた……

スタローンが自ら主演と脚本を担当し、アカデミー賞作品賞を含む3部門に輝いた映画史に残る傑作ドラマ。人間味溢れる物語と何度でも立ち上がるロッキーの姿が多くの共感を呼び、低予算にもかかわらず世界で大ヒットを記録。当時まだ無名だったスタローンは本作でトップスターへと一気に駆け上がり、映画の内容と同様にアメリカン・ドリームを体現した。

ストーリー:フィラデルフィアのしがない4回戦ボクサー、ロッキーに突然チャンスがやってくる。世界ヘビー級チャンピオンのアポロが人気取りのため、格下の相手と戦うことを宣言したからだ。かくして、薄汚れた下町の中、ロッキーのトレーニングが始まった・・・。

キャスト:シルヴェスター・スタローン、タリア・シャイア、バート・ヤング、バージェス・メレディス、カール・ウェザース、トニー・バートン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 頑張れ!

タイトルマッチというビッグ・チャンスが突然やってくる。相手は史上最強といわれているチャンピオン。勝てるはずがない。
しかし、場末のボクサーで借金の取り立て屋だった自分の周りに変化が訪れる。自分も最低な人間ならば、周りの人間も最低だと思っていたのに、恋人ができ、周りからも応援されるようになる。チャンピオンに勝つことから、人間としての自分を証明する戦いに気持ちが変わっていく。タイトル・マッチを迎え、どう戦うのか…
いつの半端だった自分を奮い立たせ、最後まで戦い抜く姿に、涙が溢れそうになります。決戦前夜の言葉や、試合の終盤に何度ダウンしても起きあがってくる姿に、最後までやり通すことの大切さを教えられます。

★★★★★ 気持ちで見よう

最初見た目は薄暗く陰気なイメージの生活環境、登場人物なのですが、見ているうちにわかる人の心の温かさ。
この映画はこれに尽きると思います。
チャンスがあるないという運不運って人それぞれあるとは思いますが、チャンスをものにするための強い気持ち(勇気・やる気)って絶対必要なんだよな~なんて勝手に思いながら熱くなっちゃいますよ!

★★★★★ やられた。

極めて秀逸な人間ドラマ。
人間の愚かさ、小ささ、それらをもひっくるめた美しさを描ききってる。
も~最っっ高にいいのが、ミッキーがコーチを申し出るため、ロッキーの部屋を訪れる一連の場面!
一度は申し出を拒絶され、憔悴した様子でアパートを出て立ち去ろうとするミッキーと、それを追ってアパートから走り出てくるロッキー。
この二人の男の矜持、葛藤、後悔、敬意…。
台詞がひとつもないのに、これらが全部画面からかんっぺきに伝わってくる。
胸が熱くなる。

★★★★★ 最高のメロドラマ!

私はアラサーですが、スタローンさんの生い立ちやインタビュー、ロッキーを見て、スタローンさんが大好きになりました。ロッキーが大好きになりました。
心底愛することのできる作品に出会うことができて、本当に良かったです。
スタローン氏の生い立ちやロッキーの生きざまが自分の境遇や価値観と似ているところがあり、何か共感できるからかもしれません。
ロッキーの気持ちが痛いほど伝わりました。エイドリアンとの恋も、美しいです。
私の中では、最高のメロドラマです。

★★★★★ 名作中の名作です!!

私が小学生の頃、親友の薦めで初めて見たのがロッキー4でした。よって、ファイトシーンの短いこのロッキー1を見たときは呆気なく感じてしまいました。あれから二十余年。人生の経験をある程度積んだ状態で、改めてじっくり観てみたところ、涙が出そうなほど感動してしまいました。 しがない四回戦ボクサーだったロッキーは、内気なペットショップの店員に恋をし、自分がただのゴロツキじゃないことを証明するために最終ラウンドまで戦い抜く… 世界タイトルマッチという最高の舞台までのいきさつをじっくり観ると、感情移入度が全く違います。 1R、アポロからいきなりダウンを奪う左アッパーに込めた思い。 2R終了間際の反撃。 ラウンドが進むごとに腫れていく顔… そして14R。グローブを支えきれず棒立ちになったロッキーは、アポロの強烈な右アッパーを喰らってついにダウン。コーナーからの「立つな!そのままでいろ!」というミッキーの叫び声を振り払い、必死に立ち上がろうとするロッキー。心配そうに会場の陰から見守るエイドリアン。バックの見事な音楽の効果も相俟って、このシーンは何度見ても鳥肌が立ってしまいます! ロッキー2以降の分かりやすい派手な試合もいいですが、この‘ロッキー1’こそ、真の興奮と感動を与えてくれる映画です!!

★★★★★ 最高

今までに、かなりの映画見ましたがロッキーが間違いなく僕の中ではベスト1です。
ロードショーでは当時、最後は拍手喝采でしたよ。僕もそのうちの一人でした。
今、映画が終わって拍手することなんかあるのだろうか?
ビルコンテイの音楽がよりいっそう涙をさそってくれました。
頑張って、頑張って、勝ってのアメリカンドリームという結末ではないところに単にボクシング映画ではないところにしびれました。
最終ラウンドの結果発表のところで、結果はそっちのけでエイドリアンを探すロッキーには今見ても涙ポロポロです。
バート・ヤングもいぶし銀の役者ですな。ロッキーシリーズ勿論、全部見ましたが・・・・1作目の強烈な印象が忘れることができません。
挙句の果てに、フィラデルフィア美術館まで行ってガッツポーズしてきました。

作品の詳細

作品名:ロッキー
原作名:Rocky
監督:ジョン・G・アヴィルドセン
脚本:シルヴェスター・スタローン
公開:アメリカ 1976年11月21日、日本 1977年4月16日
上映時間:119分
制作国:アメリカ
製作費:100万ドル
興行収入:2億2500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. プレンティ

  2. 記憶の旅人

  3. ワイルド・クライムズ

  4. 私は「うつ依存症」の女

  5. ケイト・レディが完璧な理由

  6. マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙

PAGE TOP