ドラマ

ライトスタッフ

男たちは、大空に全てを託した—

1947年10月。
伝説のテスト・パイロット:チャック・イエーガーがX-1ロケットで初めて音速の壁を破る。
1957年10月。
ソ連がスプートニクの打ち上げに成功。
宇宙計画で大幅に遅れをとった事実をつきつけられたアメリカのアイゼンハウワー大統領は、マーキュリー計画の実現に向けて宇宙飛行士を選出。
優れた資質=”ライトスタッフ”を持つ7人のパイロットが顔を揃えた。
前人未到の宇宙へ飛び出すヒーローとなった彼らを待っていたのは、死と隣り合わせの危険と一人の人間としての葛藤だった—。

成功と栄誉に彩られた宇宙計画の真実を、大空に挑戦し続けた一人の男との対比で描き出した、映画史に残る傑作中の傑作!

アカデミー賞4部門を受賞した『ライトスタッフ』にはエド・ハリス、バーバラ・ハーシー、サム・シェパード、デニス・クエイド、フレッド・ウォードら素晴らしい俳優陣が顔を揃えている。

キャスト:エド・ハリス、バーバラ・ハーシー、サム・シェパード、デニス・クエイド、フレッド・ウォード、スコット・グレン、ランス・ヘンリクセン、ヴェロニカ・カートライト、ジェフ・ゴールドブラム

視聴者の声【Amazonレビューより】

マーキュリー計画を描いた映画。3時間超と長いですが、全く気になりませんでした。7人の宇宙飛行士と、ジェット機で人類初の超音速飛行を成し遂げたチャック・イエガーを中心とした物語です。まず、主人公の男たちがとてもいいです。夢を追って時に少年のように誇らしげに輝く表情が素敵です。苦悩も描かれますが、ユーモアを交えた演出で、全体的に爽やかです。イエガーは当初、宇宙飛行士を軽蔑していたようですが、後半、口にするセリフがとても印象的です。主人公たち一人一人それぞれを描いても映画ができそうですし、技術開発など、違った面からでも魅力的な物語ができそうです。国同士の争いは嫌ですが、だからこそ宇宙開発も進んだのだなと思いました。

何度みたかなあ。時々ふっと見たくなる。イエーガーにしてもマーキュリー7のメンバーにしても、一人ひとりがまさに「己の為しうる限りを」の生き様。パンチョの店でNASAスタッフ背後から「ウイスキーのまねえかぁー」ってイエーガーご本人がからむシーン、何度見ても名演で笑える。しかし、イエーガー演じたサムシェパードがイエーガー本人より先に逝ってしまうとは…時は流れるねえ、いろんなこと観てて思う。自分の中ではベスト5に入る秀作。

この映画のサム・シェパード見ると、トップガンのトム・クルーズが青二才に見えてしまいます。(トム・クルーズ嫌いじゃないんですが)
男の泣かせどころのツボもしっかり押さえてあって、英語のセリフ回しも覚えてしまったシーンがいくつかあります。
困難な任務に臨む者達だけに共有される絆、トム・ハンクスがプライベート・ライアンに触発されて作った「Band of Brothers」にも、そんな雰囲気がありました。
映画のラストで奏でられるドビュッシーの「月の光」その音色に合わせて宇宙船パイロット達がお互いの絆を確認し合っていくシーンは出色の出来で、この監督の力量をまざまざと見せつけられます。最近の映画では、Twilightでもやはり「月の光」を使ってロマンティックな味わいを出していましたが、この映画での使い方もまた見事の一語です。
実話ベースの脚本、そして演出は完璧。是非ともBlu-Rayで見てみたい作品の1つです。

作品の詳細

作品名:ライトスタッフ
原作名:The Right Stuff
監督:フィリップ・カウフマン
脚本:フィリップ・カウフマン
公開:アメリカ 1983年10月21日、日本 1984年9月1日
上映時間:(完全版)193分
制作国:アメリカ
製作費:2700万ドル
興行収入:2100万ドル
レビューを見る:★★★★☆(163)
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. チェンジリング

  2. レッズ

  3. 妻の恋人、夫の愛人

  4. センターステージ

  5. ヴィクトリア 禍いの家の花嫁

  6. アレキサンダー

PAGE TOP