ドラマ

Ray

アカデミー賞?主演男優賞受賞!。“ソウルの神様”レイ・チャールズの人生を忠実に描いた感動のヒューマン・ドラマ。

ジョージアの貧しい家庭に生まれたレイは、少年時代に緑内障で視力を失うが「施しは受けず、自分の足で立って生きなさい」という母の教えを胸に、17歳でシアトルのクラブでデビュー。盲目の天才と呼ばれ、レコード会社と契約。ゴスペルとR&Bをミックスさせたソウルミュージックでスーパースターになる・・・。
故・レイ・チャールズの半生を『愛と青春の旅立ち』のテイラー・ハックフォード監督が演出した音楽満載の自伝映画。レイを、本人直々の指名を受けた『コラテラル』のジェイミー・フォックスが、自分自身を消し去ってしまったかと思うほど、レイ・チャールズになりきり、彼の魂が乗り移った爆発的パフォーマンスを披露。またドラマはソウルの神様レイだけでなく、女性にだらしない一面や薬物中毒、厳しいビジネスマンの顔もつづり、レイ・チャールズ本人を奥深いところまで描いているのもじつに興味深い。しかし圧巻はやはりライブ。年代ごとに披露される名曲の数々は、当時のレイの心情にリンクしたもの。この曲の背景には、こんなことがあったのか…と新たな発見に驚き。映画を見たあと必ずやサントラもじっくり聴き、レイの声にひたっていたくなること絶対だ!!

キャスト:ジェイミー・フォックス、ケリー・ワシントン、レジーナ・キング、クリフトン・パウエル、ボキーム・ウッドバイン、ハリー・レニックス、アーンジャニュー・エリス、テレンス・ダッシュオン・ハワード

視聴者の声【Amazonレビューより】

レイチャールズの音楽の原点が何かを表現しています。
目がみえないこと、黒人であること、2つの壁を抱えてもなお、表現者としての自己を確立できたのは、
お母さんの教えがあることを教えてくれました。
薬からの脱却をはじめ、黒人差別への対応など、考えさせられる題材がいろいろ入っています。

薬に関する表現は、すこし分かりづらかった。きっと、音楽を作り出す苦悩があったのかもしれません。

わずかではありますが、彼の音楽人生を知っている年代であるので、
ジェイミー・フォックスの演技は時に本人かと思わせるほど真に迫っていて、本当にのめり込んで鑑賞しました。

酒と女とドラッグ、栄光につきものの三点セットに、彼もまた飲み込まれてゆく様も、
赤裸々に描くことで、むしろ映画では描かれていないであろう、
彼の様々な苦悩を、かえって感じさせてくれる傑作だと思います。

歌も吹き替えなしとは思いますが。本人と比べるわけにはいきませんが、それなりに上手。
リハーサルやステージ上で曲を即興で作り上げるなど、
彼には本当にほとばしるほどの才能があったことを裏付けるエピソードも描かれていて、
その点は物凄く評価します。

彼の功績は音楽だけではない、そう感じさせることができる、大傑作だと思います。

レイチャールズが主役のジミーフォックスに対して直々に指導をし、演技に本人がうなったという演技と歌は素晴らしいというしかありません。
その後、ドリームガールズではエディマーフィーの方が存在感があったが、ドリームガールズを見た人はこちらも見たほうがよいと思います。
また、ストーリーは2時間半という少し長いは思いましたが、全く退屈せず休まず一気に見てしまいました。レイチャールズを全く知らない人でも、「戦後、盲目ながら黒人として伝説となったソウル歌手」という
認識だけでも十分です。この物語はレイチャールズの歌手人生の振り返る映画ではなく、レイチャールズという人間の人生を振り返る映画ですから。

作品の詳細

作品名:Ray/レイ
原作名:Ray
監督:テイラー・ハックフォード
脚本:ジェームズ・L・ホワイト
公開:アメリカ 2004年10月29日、日本 2005年1月29日
上映時間:152分
制作国:アメリカ
製作費:4000万ドル
興行収入:1億2400万ドル
レビューを見る:★★★★☆(57)
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. 最後の猿の惑星

  2. エルヴィスとニクソン ~写真に隠された真実~

  3. 4:44 地球最期の日

  4. ラブ・ランチ 欲望のナイトクラブ

  5. グッドナイト&グッドラック

  6. 海賊じいちゃんの贈りもの

PAGE TOP