西部劇映画

最後の銃撃

大地を轟かせて暴走する野牛の中に男の意地が爆発する悲惨な狩り!

ストーリー:1880年頃。乱獲によりバッファローは3,000頭まで減っていた。かつては腕利きのハンターだったサンディ・マッケンジー(スチュワート・グレンジャー)は、小さな牧場を営んでいたが、しばしばバッファローの暴走に遭い、牛たちはひとたまりもなく踏みつぶされていった。そんなサンディをチャーリー・ギルソン(ロバート・テイラー)という男が、バファロー狩りに誘う。最初は断ったサンディだったが、チャーリーの銃の腕前を見て、同行することを決意する・・・。

出演:ロバート・テイラー、スチュワート・グレンジャー、ロイド・ノーラン、デブラ・パジェット、ラス・タンブリン、コンスタンス・フォード、ジョー・デ・サンチェス、エインズリー・プライアー

作品の詳細

作品名:最後の銃撃
原作名:The Last Hunt
監督:リチャード・ブルックス
脚本:リチャード・ブルックス
公開:アメリカ 1956年4月30日、日本 1956年11月14日
上映時間:108分
制作国:アメリカ
製作費:210万ドル
興行収入:290万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. 虐殺の河

  2. 廃墟の群盗

  3. 悪の花園

  4. リバティ・バランスを射った男

  5. 大いなる男たち

  6. パウダー・リバーの対決

PAGE TOP