スペース・オペラ

スター・トレック ネメシス

人気SFサーガ「スター・トレック」の映画版シリーズ第10作

ストーリー:ライカー副長(ジョナサン・フレイクス)とカウンセラーのトロイ(マリーナ・サーティス)の結婚が決まり、ピカード艦長らUSSエンタープライズの乗組員は、祝宴が開かれるトロイの故郷ベタゾイドへ。だが途中、ある惑星でデータにそっくりなアンドロイドが見つかる事態が。さらにUSSエンタープライズに、彼らが所属する惑星連邦と長年対立してきたロミュラン帝国に向かうよう指令が。政変が起きたロミュランの新執政官シンゾンから講和条約締結の申し入れがあったというが・・・。

出演:パトリック・スチュワート、ジョナサン・フレイクス、ブレント・スパイナー、レヴァー・バートン、マイケル・ドーン、マリーナ・サーティス、ゲイツ・マクファデン、ケイト・マルグルー、トム・ハーディ、ロン・パールマン、ディナ・メイヤー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ 寂しい限りです

この映画はスター・トレックのシリーズの中でも一番親しみを感じるこのTNGの完結編らしい。出演者がどんどん年齢を重ねていくんだから気持ちもわからないでもないが、最後の敵はピカード艦長のクローンという設定が楽しめた。作品全てを見ているわけではないので、細かい設定ではついていけない部分も出てくるが、最後のデータのシーンにはちょっとほろり。宇宙物なのだから仕方ないが、もっとクルーの話を中心に書いて欲しかった気がしないでもない。

★★★☆☆ スタートレック・ピカードの予告編

昔見た筈だが、最初の結婚記念パーティのシーン以外全く覚えてないのは、それほど印象の薄い作品だったにちがいありません。しかし、最近始まったスタートレック・ピカードを見るためには、ストリー的にこの作品を見ておく価値は充分あると思います。また、映像美、SFXのシーンの品質は最高でした。エンディングのTNGのテーマは、何度聞いても素晴らしい。

作品の詳細

作品名:ネメシス/S.T.X
原作名:Star Trek Nemesis
監督:スチュアート・ベアード
脚本:ジョン・ローガン
公開:アメリカ 2002年12月13日、日本 2003年4月12日
上映時間:117分
制作国:アメリカ
製作費:6000万ドル
興行収入:6700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. スター・トレック BEYOND

  2. スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け

  3. スター・ウォーズ/最後のジェダイ

  4. スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃

  5. スタートレックVI 未知の世界

  6. スター・トレック イントゥ・ダークネス

PAGE TOP