コメディー

ロミーとミッシェルの場合

いじめられっ子だった二人の女性が、高校の同窓会で繰り広げる騒動を描くコメディ

ストーリー:ロサンゼルスで共同生活をしているロミー(ミラ・ソルヴィノ)とミッシェル(リサ・クドロー)は一見華やかだが、実は女性としての魅力も貯金もがけっぷち。高校の同窓会が開かれることを知り、自分たちをいじめた同級生たちをぎゃふんと言わせてやろうと考える。成功したキャリアウーマンと思わせるため、手の込んだウソを皆の前で披露する。だが、真実がばれて二人は窮地に立たされる・・・。

出演:ミラ・ソルヴィノ、リサ・クドロー、ジャニーン・ガラファロー、アラン・カミング、ジュリア・キャンベル、ヴィンセント・ヴェントレスカ、エレイン・ヘンドリックス、ミア・コテット、クリスティン・バウアー、カムリン・マンハイム、ジャスティン・セロー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 明るく前向きになれる。

気軽に観れて、観た後はふと元気に明かるくポジティブになれる映画。昔レンタルで観て好きだったのですが、改めて購入。時折、元気になりたいときに観ています☆

★★★★★ おばか最高♪

この映画で、おばか映画にハマるようになりました。タイトルからして全然おもしろくなさそなうなのに・・・。ふたりの、自分たちしか見ていない、信じるものは自分!という姿勢にヤラレました。大好きです。音楽もノリよくって楽しめます。

★★★★☆ 元気になれる

ストーリーは割りと単純で軽いノリのおバカ加減がいい感じです。しかもファッション、インテリアなどカラフルでおしゃれでそれに注目して見るのも楽しいと思います。ちょっといやなことがあってもこれを見たらまぁいいかって気になるおすすめの1本です。

★★★☆☆ 新感覚コメディー

穏やかに笑えて、ほろよく感動する作品。二人の目立ち度は、ファッションだけでなく存在自体がそう。もともとスタイルが良いのに加えて、少し気の抜けた独特な雰囲気をもつ美人だから。 個性的と言えばそれだけだけど、悩んだり苦い思いをしながらも素直に我が行く道を信じる。日本でもよく勝ち組だとか負け組だとか言われるけど、結婚して妊娠して家庭を持つ、又は仕事で成功しキャリアを持つ、それだけが女の幸せじゃない。ただ純粋にその時々を楽しむことや人との繋がりの大切さ、それをこの二人が友情を持って教えてくれる。うまく説明できないけど、今の時代だからこそ見て欲しい作品です。

作品の詳細

作品名:ロミーとミッシェルの場合
原作名:Romy and Michele’s High School Reunion
監督:デヴィッド・マーキン
脚本:ロビン・シフ
公開:アメリカ 1997年4月25日、日本 1997年11月8日
上映時間:92分
制作国:アメリカ
製作費:2000万ドル
興行収入:2900万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ビッグ・ボーイズ しあわせの鳥を探して

  2. シンディにおまかせ

  3. ジョン・デロリアン

  4. レスリー・ニールセンの裸の石を持つ男

  5. グレッグのダメ日記

  6. 星の王子 ニューヨークへ行く

PAGE TOP