ドラマ

ギルバート・グレイプ

あなたに逢えて、よかった。少女との出会いが、ギルバートの運命をかえていく

中西部の田舎町を舞台に、よろずやの店員がトレーラーハウスで祖母と旅を続ける少女と出会い、自己の生活を見つめ直していく姿を描く

ストーリー:アイオワ州エンドーラ。この小さな田舎町をギルバートは生まれてから24年間、一度も出たことがない。そんなある日、退屈な町に不思議な風が吹いてくる。それは銀色のキャンピングカーでやってきた少女ベッキー。偶然の出会いによって二人の間に芽生える淡くスイートなロマンスは、ギルバートにひとときの安らぎを与えてくれるのだが・・・。

キャスト:ジョニー・デップ、レオナルド・ディカプリオ、ジュリエット・ルイス、ダーレン・ケイツ、ローラ・ハリントン、メアリー・ケイト・シェルハート、ジョン・C・ライリー、クリスピン・グローヴァー、メアリー・スティーンバージェン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★  ジョニデ×ディカプリオ

これは最初で最後かも!凄い共演!しかも、ジョニー・デップは派手な装飾無しフツーの青年役、ディカプリオは知的障害のある少年役、と貴重な作品。そして家族愛に感動。

★★★★★ 古くて新しい映画

たんたんと進むストーリーの中にいつの間にか引き込まれていく。古さを感じさせず、見た後で静かな感動が広がる。天才ディカプリオここにあり。

★★★★★ ベッキーのような人になりたい・・・

家族を愛しく思う気持ちと反面、家族を足かせのように感じる気持ち。アイオワの田舎町はギルバートにとって、轍のような場所だ。抜け出したいけれど、抜け出せないと思っているうちにいつしか抜け出すことさえ忘れていたギルバートの前に現れたベッキーという女性。自由で何にも縛られない、自然体のベッキーによって彼が少しずつ前を向き始める姿がアイオワの美しい自然とともに描かれている。俳優達の抑えた演技の中の溢れ出る感情表現。淡々とした中にも忘れられないシーンがたくさんあり、何度みても涙がこぼれる。爽やかな風や朝もやの冷たい空気、大切な人と抱き合った時のぬくもりまでも伝わってくるような素敵な映画。見るべし!

★★★★☆ 名作です

初めて観た時、レオさんは演技をしていると思えませんでした。さすがレオさん❣️

★★★★☆ 自分の果たすべき役割

淡々と家族のために自分の果たすべきことをする。そんな静かな愛情の尊さを考えさせてくれる映画です。黙々と障害のある弟を支え、母親を支え、逃げ出さない強さと優しさ。人としての価値はこういうところにあるのだと教えてくれました。ディプリオもジョニー・デップもこんな風に淡々とキャリアを積み上げて来たのだと一夜にして大スターになったわけではなかったのだと。作品の深さと彼らの演技力に心酔しました。

作品の詳細

作品名:ギルバート・グレイプ
原作名:What’s Eating Gilbert Grape
監督:ラッセ・ハルストレム
脚本:ピーター・ヘッジズ
公開:アメリカ 1993年12月25日、日本 1994年8月20日
上映時間:118分
制作国:アメリカ
製作費:1100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. LIFE!/ライフ

  2. ランダム・ハーツ

  3. レイチェルの結婚

  4. 私の居場所の見つけかた

  5. エンパイア レコード

  6. ライフ

PAGE TOP