ドラマ

8月の家族たち

それぞれの秘密と告白、愛と裏切り。家族は一つになれるのか?

ストーリー:8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラ(ジュリア・ロバーツ)と、反抗期の娘、実は別居中の夫。ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー(ジュリアンヌ・ニコルソン)。自由奔放な三女カレン(ジュリエット・ルイス)と、その不審な婚約者。彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母バイオレット(メリル・ストリープ)と、その妹家族。生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに・・・。家族バトルのリアルさに胸を衝かれながらも、予想外の展開に笑いと驚きが止まらない・・・。

出演:メリル・ストリープ、サム・シェパード、ジュリア・ロバーツ、ユアン・マクレガー、アビゲイル・ブレスリン、ジュリアンヌ・ニコルソン、ジュリエット・ルイス、ダーモット・マローニー、マーゴ・マーティンデイル、クリス・クーパー、ベネディクト・カンバーバッチ、ミスティ・アッパム

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 家族・血縁を考えさせられる力作

ここまで込み入った事情のある家族は少ないでしょうが、家族・血縁について考えさせられる秀作です。家族は時に素晴らしくもあるが、時に厄介でもある。“血は水よりも濃い”というように血縁は重要な意味を持つが、決して良いことばかりではない。“遠くの親戚より近くの他人”という言葉が示すように、時には血縁など無い者同士のほうが頼りになることもある。家族もそれぞれに事情があり、皆脛に傷を持って生活している。最後にメリル・ストリープが自宅に取り残されて、夫が雇うのを自ら反対したインディアン娘のジョナ(ミスティ・アッパム)に慰めを見出すという皮肉なシーンは、人間で最も大切なものは個人の心の優しさなのだというメッセージと受け取れます。メリル・ストリープは流石に貫禄の演技ですが、他の出演者も実にはまり役というか、それぞれが自然体で演じているような印象を受ける位です。久しぶりに見応えのあるアメリカ映画に出会えました。何となく70年代のアメリカ映画(ロードムービー的な)の雰囲気を感じるのは私だけでしょうか。

★★★★★ 家族こそ難しい!男って無力だなあ!

専制君主のごとく君臨する母とその一族崩壊の物語。メリル・ストリープに18回目のアカデミー賞ノミネートをもたらした作品です。舞台劇の映画化らしく、観終わったあとは「極上の舞台鑑賞」をしたのと同じような気分になりました。癌を患い、薬物依存、口を開けば罵詈雑言も甚だしい母と3人の娘たち、その夫や恋人たちの会話劇ですが、この女系家族において、つくずく男の無力さを痛感させられます。口汚く罵り合い、取っ組み合いの乱闘もあります。かと思えば、急に死の恐怖におびえる不安定な母を演じて、オランダ系アメリカ人のメリル・ストリープは「さすがの大女優」の圧倒的な存在感をしめします。長女を演じたジュリア・ロバーツも「いい女優さんになったなあ!」と大いに感心しました。あれだけ言いたい放題で、家族が普通に機能するはずがありません。最後には母のとどめの一撃(ひと言)で完全崩壊します。しかし、ボクは不思議と後味が悪くなく「家族ならではの避けられない絆」と「簡単ではないが再生の可能性」を感じずにはいられませんでした。恐らく、圧倒的な演劇(演技)の余韻が、そんな気持ちにさせたのだと思っています。表面的にはドロドロの家族劇ですが、随所にユーモアが潜んでいたことも一因かもしれません。ボクは一見の価値あり!だと思います。今からBDの到着が待ち遠しいです!

作品の詳細

作品名:8月の家族たち
原作名:August: Osage County
監督:ジョン・ウェルズ
脚本:トレイシー・レッツ
公開:アメリカ 2013年12月27日、日本 2014年4月18日
上映時間:120分
制作国:アメリカ
製作費:2500万ドル
興行収入:7400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. 童貞ペンギン

  2. デッドフォール 極寒地帯

  3. ワイルド・アット・ハート

  4. ミルク

  5. 復讐のドレスコード

  6. 麦の穂をゆらす風

PAGE TOP