ドラマ

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命

第二次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻ヤンとアントニーナが、ユダヤ人を動物園に匿い、300名もの命を救った姿を描いた、知られざる感動の実話!

ストーリー:1939年、ポーランド・ワルシャワ。ヤン(ヨハン・ヘルデンベルグ)とアントニーナ(ジェシカ・チャステイン)夫妻は、ヨーロッパ最大の規模を誇るワルシャワ動物園を営んでいた。 アントニーナの日課は、毎朝、園内を自転車で巡り動物たちに声をかけること。時には動物たちのお産を手伝うほど、献身的な愛を注いでいた。 しかしその年の秋には、ドイツがポーランドに侵攻し、第二次世界大戦が勃発。 動物園の存続も危うくなる中、夫のヤンから「この動物園を隠れ家にする」という驚くべき提案をされる。 人間も動物も、すべての生けるものへの深い愛情を持つアントニーナはすぐさまその言葉を受け入れた。 ヤンがゲットー(ユダヤ人の強制居住区域)に忍び込みユダヤ人たちを次々と救出し、動物園の檻に忍び込ませ、アントニーナは得意のピアノや温かい食事で、 彼らの傷ついた心を癒していく・・・。

出演:ジェシカ・チャステイン、ヨハン・ヘルデンベルグ、ダニエル・ブリュール、マイケル・マケルハットン、イド・ゴールドバーグ、エフラット・ドール 、シーラ・ハース、ティム・ラドフォード、マルタ・イソヴァー、ゴラン・コスティッチ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ジェシカ・チャステインさん主演の実話!!

監督は「クジラの島の少女」のニキ・カーロ。第2次世界大戦中のポーランド・ワルシャワで、動物園の園長夫妻が300人ものユダヤ人の命を救った実話を基に映画化。これまでにない視点から歴史を見つめた作品であり、戦争という絶体絶命の状況下で市民の憩いの場所になっていた動物園がどの様な運命を辿るのかを描いた作品になっています。上野動物園の「かわいそうなゾウ」の様に、悲しい運命におかれた動物たちが数多く登場するので胸が痛みます・・・。1939年の秋、ドイツのポーランド侵攻により第2次世界大戦が勃発。ワルシャワでヨーロッパ最大規模を誇る動物園を営んでいたヤンとアントニーナ夫妻は、ユダヤ人強制居住区域に忍び込み彼らを次々と救出。ユダヤ人たちを動物園の檻に忍びこませるという驚くべき策を実行するが、夫婦によるこの活動がドイツ兵に見つかった場合、自分たちやわが子の命も狙われるという危険な状況にありながら、夫婦はひるむことなく困難に立ち向うのだが・・・アントニーナ役をジェシカチャステイン、ヤン役をヨハン・ヘルデンベルグがそれぞれ演じています。序盤の空襲によって動物たちが逃げ出したり、そのまま火に焼かれて絶命していくシーンは地獄絵図です。苦手な人も居るかなと思いますが現実はああだったんだなと色々考えさせられました。ストーリーに穴はありますが許容範囲です。細かいことを気にしないで見れる人なら何の問題もないかなと思います。ストーリーは物凄くシンプルでわかりやすいもので、時代の中で奮闘する人達をそのまま描いた感じです。興味がある方は是非。良い映画です。感動しました。

作品の詳細

作品名:ユダヤ人を救った動物園 〜アントニーナが愛した命〜
原作名:The Zookeeper’s Wife
監督:ニキ・カーロ
脚本:アンジェラ・ワークマン
公開:アメリカ 2017年3月31日、日本 2017年12月15日
上映時間:126分
制作国:アメリカ、イギリス
製作費:2000万ドル
興行収入:2600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. チェリーについて

  2. リチャード・ジュエル

  3. ナチュラル

  4. ライフ

  5. ホット・スポット

  6. ウェンディ&ルーシー

PAGE TOP