スリラー

ドリームハウス

恐怖と切なさが同居する<ヒューマンサイコスリラー>誕生!!

ストーリー:購入したばかりのマイホームで小説を書きながら、美しい妻と二人の娘たちとともに人生を過ごすことを決意したウィル・エイテンテン(ダニエル・クレイグ)。しかし、会社を辞め、平穏で幸せな生活を築いていこうとした矢先、一家に不幸が訪れる。娘が幽霊らしきものを見たとおびえたり、謎の男が自宅を覗きこんでいたり、自宅の地下に侵入した少年少女たちが怪しげなミサを行っていたり・・・。違和感をおぼえる奇怪な出来事が相次ぐのだった。そしてその原因は、5年前に起きた殺人事件にあることが判明。なんと、かつてこの家では、母子3人が虐殺、父親は重症という壮絶な事件が起きていたのだ。殺人事件の犯人がまだ捕まっていないという事実を知ったウィルは、家族を守るため事件の調査を始める。しかし、そこに待ち受けていたのは想像を絶する衝撃の事実だった・・・。幸せな一家を悩ます犯人の正体、そして狙いとは?真実を追い続けるウィルが辿りついた答えは、あまりに残酷なものだった・・・。

出演:ダニエル・クレイグ、ナオミ・ワッツ、レイチェル・ワイズ、マートン・チョーカシュ、クレア・アスティン・ギア、テイラー・ギア、レイチェル・フォックス、イライアス・コティーズ、ジェーン・アレクサンダー、サラ・ガドン、グレゴリー・スミス

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 味わい深いサスペンス・ドラマ

落ち着いた雰囲気でシナリオも良く出来ている。ベースには家族愛が有り、音楽の効果や演出で、不安、悲哀、ミステリアスを上手に表現しつつ徐々に謎が解明されていく。ラストには予想外の展開や盛上る場面があり、時間も90分で飽きずに観られる。

★★★★★ ダニエル・クレイグにハズレ無し

非常に面白かった・・・というか、予想外の展開。なぜだろう?自分でもわからないが、この映画はシャイニングのリメイクの様な内容かな・・・と勝手に思い込んでいたため、後半になってからの急展開に頭が混乱し、最後まで引き込まれ続けた。主題は家族愛もしくは、家族愛故の真相を知りたいという人間の本能だろうか?実際、ダニエルクレイグ演ずる主人公に突然降って湧いた災難には、きっとまともな人間であればある程、精神もおかしくなるだろう。炎の中で可愛い子供達を抱きしめるシーン、記憶の詰まった家が燃え落ちるシーンは主人公に同情します。最後のシーンは別のエンディングでも良い気がするが、子供も奥さんもずっと主人公を愛していたし、お向かいの奥さんも密かに好意を持ち立ち直りを支援したいと思うほどだから、きっといい親、いい夫、いい男だったのでしょう。ささやかなハッピーエンドで良しとしましょう。『ダークプレイス』などもそうだったが、家族愛を描くのにこういうシチュエーションのストーリーが多いのは、アメリカが銃社会で、こういう事件が結構起きているんだろうと推測されます。平和な国で良かったと思います。これまでに見たダニエルクレイグの映画はハズレがありません。

★★★★☆ なかなか面白い。

まず、娘ちゃん二人がすごくかわいい。奥様も美人。007のイメージ強いダニエルが普通のおじさまの役で、斬新。
でも、鍛え上げた身体なので、やっぱ、ちょっと違和感。内容が進むほど、えん罪で精神を病んだ主人公は、自分の家族のことが受け入れられず自分のことも受け入れられず、妄想と現実を行き来する。シュッとしたかっこいいダニエルがほとんど、だけど事実が判明してくると病んでる感じのダニエルも出てきて、同じ人物でも印象が違って役者ってすごい、って思った。後半、また、奥さんと娘ちゃん二人が出てくるシーンは、せつなすぎて、感動する。後半でもう少し、お向かいの奥さんとの会話とか、関わりが描かれていいと思う。そこが不足。でも終わり方は、王道だと思う。

★★★☆☆ レイチェル・ワイズの存在感はさすが

主演のウィルを演じるダニエル・クレイグのメソッド型の演技がなかなか良く、007シリーズのイメージが染みついているがもともと演技派だよな~と感心してしまった。家族愛をテーマにしたホラーサスペンスという異色作であるが、サスペンスの脚本は捻りもなく巻き込まれ型でしかないのは残念。ホラー要素は夫婦愛の再確認の面が強くそちらの要素が素晴らしすぎてサスペンスの部分は不要なのでは?と思えてしまった。家族の『愛』を素晴らしく表現した内容は、ジャンルを超えて観る側に伝わるものがある。ホラーサスペンスを期待してると肩透かしだが、家族の絆を確認できる内容はとてもいい。

作品の詳細

作品名:ドリームハウス
原作名:Dream House
監督:ジム・シェリダン
脚本:デビッド・ルーカ
公開:アメリカ 2011年9月30日、日本 2012年11月23日
上映時間:92分
制作国:アメリカ、カナダ
製作費:5000万ドル
興行収入:4000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. バレット・ライン

  2. 氷の微笑

  3. クライシス

  4. ステップフォード・ワイフ

  5. チェンジング・レーン

  6. グリーンルーム

PAGE TOP