ホラー

スピーシーズX 美しき寄生獣

美しい、女子大生には触手がある。男にもてもてセクシー女子大生クイーン達は、実はエイリアンだった!

ストーリー:大学新入生で童貞のルーク(コリー・セヴィエール)は、寮のランドリーでブロンドの美女、リリー(ステファニー・フォン・フェッテン)とコンスタンス(キム・ポイリアー)に出会う。その二人のセクシーさに心踊るルークは、二人の忘れ物を届けに部屋を訪れる。しかしそこでルークが見た光景は、なんと、服を脱いだリリーたちの胸から何本もの触手が伸びている異様な姿だった。ルークは、そのことをルームメイトのロジャーに話すが信じてもらえない。その夜歓迎パーティに招かれたルークとロジャー。そこでロジャーとコンスタンスが仲良くなる一方、ルークは、リリーとホッケー選手のボビーの親しげな様子、それを見てルークは腹を立て会場を去る。しかし翌朝、ボビーの凍死体が発見される。しかも単なる凍死ではない、何者かに身体の中から凍らされたのだ。犯人として疑われたルークは、真相を突きとめるべく、女友達のアレックスの力を借り、リリーの部屋に監視カメラを仕掛け、リリーを誘い込み正体を暴こうとするが・・・・・・。種の保存のため、セクシーな女に化けて地球にやって来たエイリアンと、正体を知った童貞学生の命とプライドをかけた戦いが始まる!

出演:コリー・セヴィエール、エリアス・タフェキス、ステファニー・フォン・フェッテン、キム・ポイリアー、ミーガン・オリー、クリスタ・モーリン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★☆ ホラーSFですね。

映画の出来としては、かなりチープな印象ですね。エイリアンの数がどのくらいかわからないのが面白い。エイリアンが種族を残す葛藤をしめすシーンが印象的です。最後のシーンは少々 驚きますね。

★★★★☆ まぁまぁ面白かったょ

オチも、まぁ良かったし、普通に楽しめた。女の人もキレイだし、よく出来てると思う。

作品の詳細

作品名:ピーシーズX 美しき寄生獣
原作名:DECOYS
監督:マット・ヘイスティングス
脚本:マット・ヘイスティングス
公開:カナダ 2004年2月27日
上映時間:96分
制作国:カナダ
製作費:500万ドル
興行収入:8万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ヘイヴンハースト

  2. 死霊館

  3. アス

  4. IN DREAMS/殺意の森

  5. ザ・スイッチ

  6. レストストップ デッドアヘッド

PAGE TOP