ホラー

ラ・ヨローナ ~泣く女~

『死霊館』シリーズのジェームズ・ワンが贈る体験型サバイバル・ホラー

最凶の悪霊【ヨローナ】から、生き延びたければ、決して水に近づいてはいけない

ストーリー:1970年代のロサンゼルス。不可解な死を遂げた子供の母親パトリシアが、不吉な警告を発する。しかし、それを無視したソーシャルワーカーのアンナ(リンダ・カデリーニ)と彼女の子供たちは、程なくしてある女の”泣き声”を聞いてしまう。その日を境に数々の恐ろしい現象に襲われることとなった家族は、教会のペレズ神父(トニー・アメンドーラ)に助けを求めるが、そこで語られたのは、呪われたすすり泣く女”ヨローナ”の伝説だった。しかし、教会の介入にはバチカンの許可を得るため時間を要することから、ペレズ神父はアンナに教会とは袂を分かった元神父ラファエルを紹介する。ヨローナはプールやバスタブ、トイレであろうが、一滴の水さえあればどこにでも現れる神出鬼没の悪霊。果たして、家族は逃げ場のない恐怖から逃れることはできるのか。

【ラ・ヨローナ(La Llorona)の伝説とは】メキシコ発祥の古くから語り継がれる怪談に登場する、呪われた”泣く女”。それは、かつて愛する夫が浮気をしたことにより、嫉妬に狂い夫が世界で一番愛する我が子を溺死させてしまった女。その後悔から彼女は嘆き苦しみ、遂には正気を失って自ら川に身を投げ、呪いとなってこの世を彷徨っているという。ヨローナの涙は今も枯れることはないーと言い伝えられている。

キャスト:リンダ・カーデリーニ、ローマン・クリストウ、ジェイニー=リン・キンチェン、レイモンド・クルス、パトリシア・ヴェラスケス、トニー・アメンドーラ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 普通に面白かった!

評価が悪くてビックリしたが、めちゃくちゃ面白い!アナベルの神父も登場し、物語が繋がったなと。ジェームズ・ワンの作品なので当たり!

★★★★★ 怖いです。

ドキッとする瞬間が多く、予測が出来ても怖わかった。

★★★★☆ ワンのラインナップ

伝説となった怪談という事で、タイの「プラカノーンのメイナーク」の映画化と同じくらいに期待していましたが、造形の問題もあり、幽霊の悲しみや怒りが今一つ伝わって来ず、その点で話としての面白さが足りなくなってしまったかな〜。ジェームス・ワン製作の映画は資料館シリーズも、インシディアスシリーズも少し造形に難ありですが、ホラーとしての骨格がしっかりしているので、どれも水準以上でホラーファンとして安心出来ます。

★★★☆☆ 最近よくある、実態がしっかりある霊系

びっくり系の怖がらせ方が多く、そこまで真新しさを感じさせないかもなく不可もなくの作品でした。いろんな意味で母は強し(怖し)を感じました。アナベルがちらっと出てたのが繋がりを感じさせて良い。※話としての関連皆無ですが^_^

作品の詳細

作品名:ラ・ヨローナ〜泣く女〜
原作名:The Curse of La Llorona
監督:マイケル・チャベス
脚本:ミッキ・ドートリー、トビアス・イアコニス
製作:ジェームズ・ワン、ゲイリー・ドーベルマン
公開:アメリカ 2019年4月19日、日本 2019年5月10日
上映時間:93分
制作国:アメリカ
製作費:900万ドル
興行収入:1億2200万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

 

関連作品

  1. シー・ノー・イーヴル2 罪を償え

  2. サイコパス 地下戦慄

  3. ハイド・アンド・シーク/ 暗闇のかくれんぼ

  4. 機械じかけの小児病棟

  5. クライモリ デッド・ビギニング

  6. ファントム

PAGE TOP