コメディー

ズーランダー NO.2

いまだ1パーセントの知能。“キメ顔”は120パーセント。

ファッション界で巻き起こすトップモデルのおバカコメディストーリー再び!

ストーリー:あのズーランダー(ベン・スティラー)が久々に帰ってくる! 世界的なセレブたちが次々に暗殺される不可解な事件が発生する中、やり手の女インターポール捜査官ヴァレンティーナ・ヴァレンシア(ペネロペ・クルス)は、謎の解明にはかつてのスーパーモデル、デレク(ベン・スティラー)とハンセル(オーウェン・ウィルソン)の協力が必要と判断。彼女から極秘任務を依頼されたデレクとハンセルの2人は、事件解決のためファッション業界に再び舞い戻る。しかし、そんな2人の前に悪の首謀者ムガトゥ(ウィル・フェレル)と彼の子分(クリステン・ウィグ)が立ちはだかるのだった。

出演:ベン・スティラー、オーウェン・ウィルソン、ウィル・フェレル、ペネロペ・クルス、クリステン・ウィグ、フレッド・アーミセン、ベネディクト・カンバーバッチ、キーファー・サザーランド

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ こんなに愛され、こんなに面白いものはない!

これほど正当なNo.2もないと思います。No.1見てない人にはぜ~~~~~~ったい1/5も伝わらないと思います。是非この機会に1.2連続見をお勧めします。今なら200円未満で腹筋崩壊は間違いなしです。( ゚ー゚)( 。_。)

★★★☆☆ 豪華出演者を起用しても星2.5の出来。

面白さやギャグは前作の方が圧倒的に面白かった。今作は父と息子をテーマにしたり、先祖が〇〇だったりの話。スパイっぽい要素も入れてるが、ストーリーがゆっくりでつまらない。ただただ出演者がペネロペ、キーファーサザーランド、ケイティペリー、アリアナなどなど豪華すぎるだけ。あとエンディングのリラックスの曲、あれで全てオールOKな感じがしました。面白い部分もあるが、良作ではないかな。

★★☆☆☆ 待ちわびていましたが、、

前作の大ファンであり、日本では劇場未公開であったため、長い間海外の盛り上がりを見ながら待ちわびていました。発売後すぐに胸を躍らせながら視聴。しかし結果として前作には遠く及ばぬイマイチな出来で残念でした。前作の印象に残るキャラクターはほぼ全員出てきたので、その点はとても嬉しかったです。しかし前作のように泣いて笑えるような革命的シーン(例えば施設の模型、ガソスタのくだりのような)は無く、繰り返しまた見たくなるようなスルメ感もありません。とりあえず息子のキャラが受け入れられなくていちいち冷めました。

作品の詳細

作品名:ズーランダー NO.2
原作名:Zoolander 2
監督:ベン・スティラー
脚本:ベン・スティラー、ジョン・ハンバーグ、ジャスティン・セロー
公開:アメリカ 2016年2月12日
上映時間:102分
制作国:アメリカ
製作費:5000万ドル
興行収入:5600万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. クルーレス

  2. 愛しのカノジョはSEX中毒!?

  3. ゾンビーノ

  4. マーヴェリック

  5. ラスベガスをやっつけろ

  6. ピース・ピープル

PAGE TOP