ドラマ

フットルース

このリズムが未来を変える―熱狂のハイスクール・ダンスムービー!

抑圧された高校生活に疑問を抱き、不条理な大人社会に反発する若者の姿を描いた、ケビン・ベーコン主演で贈る青春映画。

ストーリー:アメリカのとある小さな町に都会から転校してきたレン(ケビン・ベーコン)。その町では、数年前に起こった事故が原因でダンスが禁じられていた。厳しい規律に憤りを覚えた彼は、自分たちの自由を取り戻すべく仲間を集めてダンスパーティを企画するが・・・。

キャスト:ケヴィン・ベーコン、ロリ・シンガー、ジョン・リスゴー、ダイアン・ウィースト、フランシス・リー・マッケイン、サラ・ジェシカ・パーカー、クリス・ペン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 座右の作品!

ケビン・ベーコンの若さと演技が光る名作です。今では有り得ない設定もありますが、そんな事は抜きにして理屈抜きで熱くなれる作品だと思います。汗まみれになって、倉庫で踊ろう!!

★★★★★ 80年代青春映画の名作

言うまでもなく、素晴らしい作品。若さと夢と新しい時代への期待と古臭い考え方への疑問。迷いながらも前に進もうと努力する若者の姿をカッコよく、スタイリッシュに演じているケビン・ベーコンが見るものに訴える姿は、シビれるくらいかっちょいい。

★★★★★ 恥ずかしいくらいにかっこいい☆

若者の鬱憤が爆発した時に犯罪に走るでもなく髪を染めるでもない。ケビンベーコン演じるレンがシカゴから田舎町に移り住み 大人の作った規則に身動きを封じられ 悪者にされ、鬱憤が爆発する。その時彼は何をしたのか?踊ったのだ。
激しいダンスを廃工場で☆あぁぁ恥ずかしいくらいかっこいい。台詞だって恥ずかしいほどにかっこいいんです。きゃーーーってほほを染めながら見ていただきたい映画です♪(音楽にも注目ですよ☆)

★★★★☆ ダンスしたくなる映画

名曲”Footloose”が主題歌の映画。昔のビンテージな感じが好き!ヒロイン役を演じているKeri Singerがとっても綺麗で見惚れちゃいます。

★★★★☆ 夢中になって聞いていたころを思い出した

すっきりしたくて、30年ぶりに観ました。曲に引き込まれてあっという間に観終わる感じ。踊りたいわー!

★★★☆☆ なんて若いんだ!ケビン・ベーコン!!

とりあえず、ダンス物を期待して見てはいけません。要所要所で使われる音楽は、つい踊りだしたくなるような良い音楽が使われています。ダンスも、ケビン・ベーコンが見せるダンスにはびっくりしました。こんなにダンスが上手な人で、運動能力もある人だったんですね。なにしろ若いケビン・ベーコンはなかなかの好青年。彼が演じた主人公も魅力がある少年でした。すぐに彼女にキスしたり、すぐセックスという類の軽い映画ではなくダンスもタバコもお酒もありの高校生だけど一本筋が通った人物設定で、観ていて心地が良かったです。

作品の詳細

作品名:フットルース
原作名:Footloose
監督:ハーバート・ロス
脚本:ディーン・ピッチフォード
公開:アメリカ 1984年2月17日、日本 1984年7月14日
上映時間:107分
制作国:アメリカ
製作費:800万ドル
興行収入:8000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. アメリカン・グラフィティ2

  2. スペース・ステーション76

  3. ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男

  4. ビリオネア・ボーイズ・クラブ

  5. ウーマン・ラブ・ウーマン

  6. ボーイ・ソプラノ ただひとつの歌声

PAGE TOP