アクション

ファースター 怒りの銃弾

10年間の恨み、5日で果たす。ターゲットは5人。“ザ・ロック”ことドウェイン・ジョンソン主演の超弩級アクション!

ストーリー:ドライバー(ドウェイン・ジョンソン)と呼ばれる男はその日、強盗罪で10年の刑期を終え、ただひとつの目的を持って出所した。彼の目的とは「自分を陥れた男たち全員を抹殺する」こと。この事だけが、彼の10年を支え、その復讐心を鍛えていたのだ。塀の外に出た彼はまっすぐに手配させていた車に乗り込み、怒りを加速させて車を走らせる。一丁の銀のリボルバーと共に・・・。1人目、あるオフィスビルへ向かい、監視カメラも気にせず、迷うことなく一人の男の眉間に銃弾を放つ。2人目、アパートの一室で静かに老後を送っているように見える老人を同じように容赦なく射殺。監視カメラに写った顔と照合されすぐに彼の身元は割れ、ベテラン刑事が捜査に乗り出すことに。やがて被害者の共通点と、そこに隠された10年前のある事件が浮き彫りになってくる・・・。

出演:ドウェイン・ジョンソン、ビリー・ボブ・ソーントン、オリヴァー・ジャクソン=コーエン、カーラ・グギノ、マギー・グレイス、ムーン・ブラッドグッド、アドウェール・アキノエ=アグバエ、ジェニファー・カーペンター

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 待ってました!

単純明快!威風堂々!文句なしに面白いです。あれ?どこかで見たような、、、気がするけど、まぁいいか。こんな映画がやっぱり好きなんだなぁ、、、とあらためて思い知らされました。

★★★★★ 最高!最後まで筋が通っていて面白い!

とにかくアクションが大好きな自分だが、近年見た中でもかなり上位に入る映画だったとおもう。アクションの中にもサスペンス要素があり、最後まで黒幕がわからないというのが見ごたえあり。ジャンキー刑事のビリーボブがいい味を出している。ビリーボブは嫌いな役者だったが、ちょっと好きになった。この映画の中でドウェインはあまり喋らないのだが、表情に説得力と凄みがあり、もはや会話など要らないのである。とっても応援したい主人公なんだ。ただし唯一の欠点が、己らの強盗というれっきとした犯罪が、現況を招いているということ。出発点がクリーンだったら、もっともっと引き込まれたかなーという印象である。ただ・・・、何の罪もない兄貴が殺されたことが復讐の出発点になっていたとしたらそれはそれで悲壮感MAXだなあ、、神父を救ってやる必要なんか一つもなくなっちゃうしねやっぱり、主人公もある程度の「ワル」っていうのが、良かったのかもね。

★★★★★ 血が騒ぐ

これぞ男の映画です。何かに執り付かれた男の感情などを、万人にわからせようとするからくだらない中途半端な娯楽映画が出来上がってしまう。女子供にわからせなくても良いし媚を売らなくても良い。そんな硬派で無骨な作品がこれ。兄弟愛も写真1枚で想像出来るし、後半で母親の元に訪れるときの会話で更に絆の深さがわかる。余計な会話もなしに説明もなしにドライバーの心情が伝わってくる。監督がすごいところがドウェイン・ジョンソンを主演に添えてここまで演技させたこと。ドウェイン・ジョンソンは元WWFのスターレスラー「ザ・ロック」。元WWFのスターの俳優という肩書きだけが取り得の華のない俳優のイメージであったが、本作では表情だけで虜にしてくれる。あぁ久しぶりに血が騒いだ。

★★★★☆ 丁寧さの中に荒々しさが光る作品

一人の男の復讐劇・・・と思いきや、3人の主人公(運転手・殺し屋・警察官)を見事にシナリオに組み込み、丁寧な人物描写、伏線回収でまとめ上げた良作。復讐の相手にスポットを当てなさすぎると安っぽい復讐劇になってしまうが、逆に当てすぎると映画の尺では足りない。そこで3人の主人公の視点を挟むことで、見ている人を置いてけぼりにさせず、かつ自然な流れで物語を進行させている。また、カメラワークや視覚効果、色情報も非常によく考えられている。様々なカメラワークを的確かつ丁寧に使い分け、視覚効果や色情報を絡ませて、見事に心理状況を描き分けている。豪快ではあるが派手さが無い。 ドンパチを楽しむアクション映画ではなく、サスペンスに近い性質の映画だと思う。飛び抜けた個性のある作品ではないため、見る人によっては退屈に映るかもしれない。興行収入を見ても、やはり万人受けしないタイプの惜しい作品である。

★★★☆☆ どこか懐かしさを感じる・・・。

個人的にはまあまあ楽しめる作品でした、ザ・ロックが目の前で兄を殺され自身も頭部に一発被弾するも奇跡的に回復し復讐鬼となって犯人たちを処刑しまくる話です。ボブソートンが良い味出してましたしオリヴァーも独自の価値観を持つ殺し屋を好演していると思います。にしてもロック、ドスドス歩いていく感じは「ペイバック」のメル・ギブソンかっておもいました。

作品の詳細

作品名:ファースター 怒りの銃弾
原作名:Faster
監督:ジョージ・ティルマン・Jr
脚本:トニー・ゲイトン、ジョー・ゲイトン
公開:アメリカ 2010年11月24日、日本 2011年5月21日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
製作費:2400万ドル
興行収入:3500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ヘンゼル&グレーテル

  2. ターミネーター4

  3. デス・ウィッシュ

  4. 大脱出2

  5. ヘルボーイ ゴールデン・アーミー

  6. SPY/スパイ

PAGE TOP