コメディー

ウエディング宣言

「キューティ・ブロンド」の監督が贈るセクシー・痛快コメディ!

ストーリー:チャーリー(ジェニファー・ロペス)は、ここ何年も、理想の男性との出会いを探していた。仕事の合間に海辺のコーヒーショップで、ある男性とぶつかる、これが運命的な出会いだった。彼の名はケビン。最高の男性だった。ケビンと付き合いだしたチャーリーは、夢のような日々。そしてある日、彼の実家に行くとなんと、チャーリーは、ケビンの母親の前でプロポーズを受けた。大喜びしたのもつかの間。ケビンの母親ヴィオラ(ジェーン・フォンダ)は、ケビンを溺愛しチャーリーのことが気に食わない。しかも、ヴィオラはTVの司会タレントの仕事から外され、イライラはつのるばかり。この日からヴィオラとチャーリーの大バトルが始まった!!

キャスト:ジェニファー・ロペス、ジェーン・フォンダ、マイケル・ヴァルタン、ワンダ・サイクス、アダム・スコット、モネット・メイザー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ キャスト良いね

こんな姑いたら大変だなぁと思うけど笑えます。
てか楽しそうです。ジェニファー・ロペスもムチムチしてて健康的で可愛くて好き。

★★★★★ 嫁vs姑のラブコメw

やっぱりジェニファー・ロペスはラブコメがピッタリ!!
海辺で出会ったケビンと恋におち、彼の母親に会うことからドタバタ騒動が始まる。
息子を溺愛するあまり、結婚を認めたくない母親ヴァイオラのイビリ方がすごい(笑)
それに負けじと仕返しするシーンも笑える。
やがて、このままではいつまでたっても上手くいかないと判断した嫁・姑が出した答えとは?
笑いの要素もたくさんありながら、最後は思わず涙してしまいました。
ジェニファーロペスのラブコメ、久しぶりに見たけど、やっぱりキュートさは健在!!

★★★★★ 休日にお薦めのコメディ

ドタバタコメディなんですが、意外にもプロットがしっかりしています。
思い切り笑わせてくれて、しかも後味が良いので、休日に観て元気になれました。
ジェーン・フォンダの熱演は特筆ものです。あの手この手の嫌がらせで、息子の結婚を阻止しようとするヴァイオラの強烈なキャラを、そこまでやるかと演じています。
ジェニファー・ロペス演ずるチャーリーも大変キュートでした。
しかも反撃に出てからはJ・フォンダを向こうにまわしても充分の迫力がありました。
キャラの立った脇役も、それぞれ魅力的。
特典映像の未公開シーンも必見です。

★★★★☆ 面白かったです〜

ジェーン・フォンダの嫁いびりにウフフ〜♪
可愛らしくて憎めないお母さんで楽しかった。
年齢がいっても美しいジェーン・フォンダって存在感があるし、なんだか憧れてしまいます。
ジェニファー・ロペスもたくましいお嫁さんで、キュートな逆襲シーンがとても面白かったです!
ルビーもいいキャラでジンワリとした味があった。
最後、お母さんと和解する場面にホロリ・・。
嫁姑バトルが楽しかったので3回見ました〜♪

★★★★☆ リアル世界でなくてよかった嫁姑バトル!!

ドリュー・バリモア主演の『25歳のキス』ですっかりファンになってしまったマイケル・ヴァルタンが見たくて、この『ウェディング宣言』も見てみたんだけど、なんだかすっごく、現実にあったら恐ろしい嫁姑バトル・コメディでした!
良いとこのお坊ちゃんがとってもハマリ役だったマイケル・ヴァルタン。
だけどこの優しいお坊ちゃんの若干マザコン?な性格が災いして、嫁姑の壮絶で熾烈なバトルが繰り広げられるワケなんです。自分に身に起こったらタマラナイバトルも、映画だったら大笑い。
それにラストはキレイにまとまって、たぶんハッピーエンド?だし(笑)。

作品の詳細

作品名:ウエディング宣言
原作名:Monster-in-Law
監督:ロバート・ルケティック
脚本:アーニャ・コショフ
公開:アメリカ 2005年5月5日、日本 劇場未公開
上映時間:100分
制作国:アメリカ
製作費:4300万ドル
興行収入:1億5400万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. スノーデイ 学校お休み大作戦

  2. 隣のヒットマン

  3. チャンピオン 明日へのタイトルマッチ

  4. ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー

  5. ミラクル・ニール!

  6. ザ・ロイヤル・テネンバウムズ

PAGE TOP