ドラマ

ホビット 竜に奪われた王国

邪悪な竜、目覚める

竜から王国を取り戻す、壮大な冒険の旅が始まる!

ストーリー:小さくて臆病なホビット族のビルボ・ バギンズ。ある日、ひょんなことから、勇敢なるドワーフの一行と共に、彼らの王国を取り戻すため危険な旅に乗り出すことになる。王国を奪ったのは、一頭の竜。行く手にあるものはすべて炎を吹きかけて破壊する、恐るべきスマウグだ。さらに、ビルボたちの旅を阻むものたちが次々と現れる。森でどう猛で巨大なクモの群れと戦い、エルフの牢獄に閉じ込められ、激流を下りながらオークと死闘を繰り広げ、たどり着いた湖の町では人間たちに捕まってしまう。そして、彼方にそびえるはなれ山に待つ最強の敵、スマウグ・・・果たして彼らは竜のもとにたどり着き、王国を取り戻すとが出来るのか?

キャスト:マーティン・フリーマン、イアン・マッケラン、リチャード・アーミティッジ、ベネディクト・カンバーバッチ、オーランド・ブルーム、エヴァンジェリン・リリー、ケイト・ブランシェット

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ロード・オブ・ザ・リングの前日譚

三部作揃うのを待って、一気に観ました。ロード・オブ・ザ・リングよりショボい話かと思いきや、全くひけをとらない素晴らしい作品になっています。特に二作目にあたる本作はドラゴンとの対決を中心に描かれていて、とても見応えのある作品です。とにかく一気に三部作を観てください。丸1日潰れるけどね。

★★★★★ 映像がすごい

映像がすごくよかった。竜のCG?もすごくなめらかで演技もよかった。エクステンデッドエディションということで本編の最後に製作風景が流れましたが、大変な苦労があるんだなぁーと感心してしまいました。物語は『ロード・オブ・ザ・リング』の前の時間軸で語られるホビットの物語ですが、指輪がなぜホビットの村にあったのか理由が分かりました。『ロード・オブ・ザ・リング』の前に見るとより楽しめる作品だと思います。是非観てください。

★★★★☆ 新たなる仲間

第2部と云う事でどんどんと核心に近づいて行き、闇の森の守備隊長・タウリエル登場が魅力的です。やはり第1部の復習をしないと、登場人物が分からず脱落しそうになりました。

★★★★☆ やっとエルフ登場

1部では暑苦しいドワーフばっかりでちょっとガッカリだったんですが、ようやく美形のエルフが登場しました。意外だったのが、ギルボが旅の始まりの頃とは全然顔つきが変わったところです。ガンダルフの台詞にもありましたが、まるで別人です。指輪を手にしてからどんどん変化していったんでしょうが、その変わりようを演じてるのがうまいなと思いました。エルフが登場したことでようやく物語に興味が沸いてきて、だいぶ面白くなってきたなと思ったら、えらい中途半端な終わり方で「ここで終わるの?そりゃないでしょ」と思いました。ストーリー自体は悪くないですが、今一歩引き込まれる感じが弱いですね。けど三部作いっぺんに買いましたから、当然すぐに続きを観ますよ。ここで終わったら消化不良です。ちゃんと『ロード・・』に続くわけですから、変な感じで終わってほしくないという祈りを込めて。

作品の詳細

作品名:ホビット 竜に奪われた王国
原作名:The Hobbit:The Desolation of Smaug
監督:ピーター・ジャクソン
脚本:ピーター・ジャクソン、フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン
原作:J・R・R・トールキン『ホビットの冒険』
公開:ニュージーランド 2013年12月12日、日本 2014年2月28日
上映時間:161分
制作国:アメリカ、ニュージーランド
製作費:2億2500万ドル
興行収入:9億5800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 白い帽子の女

  2. ハリウッドにくちづけ

  3. クラッシュ

  4. プライベート・ライアン

  5. シドニー・ホールの失踪

  6. リア王

PAGE TOP