ドラマ

ホビット 思いがけない冒険

『ロード・オブ・ザ・リング』は、この冒険から始まった

ピーター・ジャクソン監督が贈る、歴史に残る冒険3部作!知られざる指輪の冒険が、遂にベールを脱ぐ!

21世紀の幕開けと共に、数々の伝説を打ち立てた『ロード・オブ・ザ・リング』3部作。発行部数1億を超えるJ・R・R・トールキンによる熱烈な崇拝者をもつ3部作の映画化として、サウロンの指輪を破壊するために旅立つ仲間たちの絆は全世界を夢中にさせ、深い感動で包んだ。『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』で、アカデミー賞史上最多となる11部門獲得という偉業を成し遂げたピーター・ジャクソン監督が、今度は『ロード・オブ・ザ・リング』で描かれた中つ国の60年前を舞台にした『ホビットの冒険』の映画化に挑む!

ストーリー:ホビット族のビルボ・バギンズは魔法使いのガンダルフに誘われ、13人のドワーフたちと共に、恐るべきドラゴン”スマウグ”に奪われたドワーフの王国を取り戻すという危険な冒険に加わる。彼らは凶暴なアクマイヌ、そして謎の魔術師たちがうごめく危険な荒野や、ゴブリンが潜むトンネルを抜けていかねばならない。ビルボはそこで、彼の人生を変えてしまう生き物ゴラムと出会い、彼には知る由もない中つ国の運命を握る《指輪》を手に入れる。

キャスト:マーティン・フリーマン、イアン・ホルム、イアン・マッケラン、ケイト・ブランシェット、ヒューゴ・ウィーヴィング、イライジャ・ウッド

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ これはハマりました。

正直、『ロード・オブ・ザ・リング』以上のものなんて無理だと思ってたので、あえて観ないようにしてました。でも、やっぱり気になって観ることにしました。これはこれで、かなり良いですね!ドワーフがメインの故郷を取り戻す為の冒険なのですが、宿敵がいたり、例の指輪を手に入れるエピソードがあったり。おもしろい!ワクワクしました。お薦めできます。

★★★★★ じわじわ面白い

原作を読んだことがないので、そこまで『ロード・オブ・ザ・リング』に詳しいわけでもない私ですが、映画の1〜3は大好きでDVDも購入しました。『ホビット思いがけない冒険』はドワーフが中心のお話だということで、何だか地味な印象を勝手に持っていたのですが、キャストも個性的だし、『ロード・オブ・ザ・リング』に負けずスケールが大きい。
それに「あ!このシーン、前回と繋がってる!」といった発見があり、何だか嬉しくなりました。また、ドワーフが13人もいるため最初は誰が誰だか見分けがつかず、ネットで調べたり何度も見返しているうちにすっかりハマってしまいました。気付くと「あのシーンもう一回みたいなぁ…」なんて考えている、じわじわと面白さがやってくる作品でした。次回作が楽しみ!

★★★★★ 完璧な映像

『ロード・オブ・ザ・リング / 王の帰還』を更にパワーアップした完璧な映像、これを観ているだけで十分満足。また話も面白いし、個々のキャラクターも上手に表現されているし言うことなしだね。ピーター・ジャクソン監督、映画をどう作れば傑作になるかというツボをしっかりと身につけたって感じ。

★★★★☆ 世界観に浸れる

まるでファンタジーゲームの中にいるような3時間でした。ストーリー設定も『ロード・オブ・ザ・リング』と整合していますし、テンポよく、CGの進歩で違和感も無いので、頭を空っぽにして視聴すれば世界観にどっぷり浸れます。仕事で忙しい日常からの現実逃避に最適だと感じました。

作品の詳細

作品名:ホビット思いがけない冒険
原作名:The Hobbit An Unexpected Journey
監督:ピーター・ジャクソン
脚本:フラン・ウォルシュ、フィリッパ・ボウエン
原作:J・R・R・トールキン『ホビットの冒険』
公開:2012年12月14日
上映時間:169分
制作国:アメリカ、ニュージーランド
製作費:2億ドル
興行収入:10億ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 悲しみが乾くまで

  2. シングルマン

  3. トランボ ハリウッドに最も嫌われた男

  4. バッド・ルーテナント

  5. マネー・ショート 華麗なる大逆転

  6. フェノミナン

PAGE TOP