サスペンス

ハイ・クライムズ

視聴者引き込み型ミステリー

愛する夫が実は犯罪者で全くの別人では?という突然の疑惑・・・あなただったらどうする?

ストーリー:美しく優秀な女性弁護士クレア(アシュレイ・ジャッド)と、建設会社を経営している夫トム(ジェームズ・カヴィーゼル)は、カリフォルニアのマリン郡で幸せな生活を送っていた。しかし、ある日家に強盗が入り、警察沙汰になったことをきっかけに事態は思わぬ方向に進んでいく。強盗事件の後まもなく、トムは街でFBIに逮捕される。彼の本名はロナルド・チャップマン。かつて海兵隊の特殊部隊に所属していた彼は、エル・サルバドルで一般市民を9人殺害し、12年もの間逃亡していたというのだ。トムはクレアに身の潔白を訴え、無実を信ずるクレアは彼を救うべく、軍事裁判のプロであるチャーリー・グライムス弁護士(モーガン・フリーマン)の助けを借りて軍事法廷に立った。しかし、そこは彼女の知っているルールがまったく適用されない世界だった・・・。

出演:アシュレイ・ジャッド、モーガン・フリーマン、ジェームズ・カヴィーゼル、アダム・スコット、アマンダ・ピート、ブルース・デイヴィソン、トム・バウアー

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 男の涙にだまされるな。

元海兵隊員の夫にエルサルバドルでの市民殺傷の殺人容疑がかけられる。夫の弁護に立ち上がる弁護士アシュレイ。軍隊の裁判という特殊性ゆえにモーガンフリーマンが助っ人弁護士として登場。見ごたえの有る法廷劇となる。誰が味方なのか、誰の話が正しいのか、どう戦えばいいのか、観る者をひきつけて離さない。ハッピーエンドと思わせて、裏切るあたり、たまりません。これでお話は終わりと思わせて、終わらないあたり、サービス満点で大感激!!

★★★★☆ 一転二転三転と

軍事裁判を描いたサスペンス映画。主演はアシュレー・ジャドとモーガン・フリーマン。夫は無実なのか有罪なのか?軍事裁判を通し過去を回想する中で一転二転と話が巡るのでグイグイ惹きこまれます。そして裏で執拗にかぎまわる影があったりとサスペンス要素も多いにあって楽しめます。あと個人的には革ジャン着てバイクにまたがりピアスまでしてる、ちょい悪オヤジ風のモーガン・フリーマンがカッコイイ!

★★★★☆ 法廷劇の傑作

法廷劇はカール・フランクリンの得意とするところです。が、軍法会議は日本人にはなじみがないのでわかりずらいと思いましたが最後まではらはらしながら一気に見てしまいました。弁護士役のアュレイ・ジャドはやはり「戦う女」が似合います。突然軍法会議にかけられた夫を弁護する妻、しかし何が真実なのか二転三転する面白さ。心理劇の様相も面白い。モーガン・フリーマンも助演ながら渋いいい味出してます。最後まで息をつかせない面白さ、法廷映画の逸品といっていいでしょう。

作品の詳細

作品名:ハイクライムズ
原作名:High Crimes
監督:カール・フランクリン
脚本:ユーリー・ゼルツァー、グレイス・ケイリー・ビックレイ
原作:ジョセフ・ファインダー
公開:アメリカ:2002年4月5日、日本:2002年6月15日
上映時間:115分
制作国:アメリカ
製作費:4200万ドル
興行収入:4100万ドル
Amazonで探す
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. ザ・クリミナル 合衆国の陰謀

  2. トゥルー・ブルー

  3. マイ・ブラザー 哀しみの銃弾

  4. 4デイズ

  5. 彼が二度愛したS

  6. 容疑者

PAGE TOP