ドラマ

君がいた夏

誰にでも、一生忘れられない人がいる。

ジョディ・フォスターのみずみずしい笑顔が印象的な、ノスタルジックな青春ドラマ。

ストーリー:1960年代半ば。フィラデルフィアで高校生活を送るビリーは、優しい母と、熱狂的な野球ファンの父の愛に育まれていた。
早熟の女友達にセックスを学び、悪友との友情も築いてきた。
だが、彼の心に一生忘れられない思い出を刻んだのは、従姉のケイティーだった。
…時は経ち、プロ野球選手としても落ちぶれたビリーの元に、ケイティーが自殺したという訃報が入る。
彼は、失意の中、彼女とともに過ごした故郷へと向かう。ビリーにとっては一番輝いていた青春の日々への旅立ちでもあった。

キャスト:ジョディ・フォスター、マーク・ハーモン、ハロルド・ライミス、ウィリアム・マクナマラ、ジョナサン・シルヴァーマン、ジョン・シェア、ヘレン・ハント

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ おススメの映画です。

高校生の時に映画館で観て感動し、ビデオも持っています。DVD、blue-rayの普及が当たり前になった現在、ビデオデッキが我が家からなくなり、今回DVDを購入しました。やはりいい映画はいつ見てもいいです。

★★★★★ 忘れられない大切な人・・・いますか?

この映画の特徴は、全編に亘って流れ続けるDavid Fosterの美しい音楽と、誰もが経験した懐かしいストーリー展開です。一気にメロウな気分に引き込まれます。青春時代、とか、子供から大人への変身のきっかけとか、人それぞれ形は違っても、似たような感情を経験するものです。人生を左右する大切な人・・・それは、後になって気づくものなんですよね。男性にとってとてもいい映画だと思います。もちろん女性も、あたたかい気持ちになる作品です。必見!

★★★★★ 懐かしい映画です

この映画、サントラが大好きなD.フォスターさんの曲がちりばめられており、映画の随所を音楽がかなり盛り上げていたので
すが、映画がリリースされた後はレンタルビデオ(まだDVD出てない)にいって借りてみた懐かしい映画です。

最後のほうの亡くなった彼女の遺骨を海に撒くシーンが印象的な映画でした。ひとはいつか地球に還る。

アメリカ人の自由奔放さもよく現れていると思います。

購入できてよかった作品でした。

★★★★★ 人生でTOP3に入る大好きな映画です

この映画は公開は80年代だけど、設定は古き良きアメリカを彷彿とさせるそれよりちょっと前っていうのがすごく効いています。
実はジョディ・フォスターはあまり好きではない女優さんだけど、この映画はジョディでないとダメです。
それくらいキラキラとまぶしい奔放さと笑顔を持つ年上のちょっと小悪魔的で魅力的な女性を見事に演じきっています。

物語は、誰しもノスタルジックに浸れるような、美しいけど切ない、どこか胸を締め付けられるような、そんなほろ苦さと甘ずっぱさが交差するようなストーリー仕立てです。
誰にとっても忘れられない恋や体験、青春の想い出ってあると思います。この映画を見ながら自分の人生とも照らし合わせて心に響いて、見たのは10代なのに、もうおばさんになってもいまだに大好きな映画です。
観てすぐにサントラを買いました。
一番大好きなシーン、若かりし日の主人公とジョディが夕暮れ時の海辺で抱き合い寄り添って海を見つめ、その後ドレスアップして二人で甘い一夜を過ごすのですが、そのシーンでかかっていた「And when she danced」は、私の心の中の永遠の名曲です。
その為にサントラを買ったので。
youtubeでそのシーンだけの動画があるのですが、見つけた時は思わず5回くらい繰り返しみてしまいました。(笑)

私はこの映画が好きって言う人にあったことない・・・というか、この映画の話を特に周りの人としたことはないです。
そっと心にしまっておいた私だけの心の名作なので。
だからレビューを読んで、この映画が大好きっていう方々の書き込みを目にした時に、とっても嬉しく感じました。

作品の詳細

作品名:君がいた夏
原作名:Stealing Home
監督:スティーブン・カンプマン
公開:アメリカ 1988年8月26日、日本 1989年4月22日
上映時間:98分
制作国:アメリカ
製作費:1400万ドル
興行収入:700万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. 英国王のスピーチ

  2. フーリガン

  3. リスボンに誘われて

  4. ファミリー・ツリー

  5. きみがくれた未来

  6. ラブ・オブ・ザ・ゲーム

PAGE TOP