ドラマ

アザー・ピープルズ・マネー

ウォール街で繰り広げられる企業買収を題材に、情け無用の乗っ取り屋とターゲットとなった年老いた電話会社会長の激しいやり取りを描く

ストーリー:狙いを定めた会社を我がものにする企業乗っ取り屋のラリー・ローレンス(ダニー・デヴィート)。彼はある日、新たなターゲットを見つけだす。それは、創業80年以上の歴史を持つ優良企業ニューイングランド電信電話会社。ラリーは、今回も簡単に買収できると高を括っていたが、先方の会長は断固として譲らず、彼の部下たちもガードが固い。その上、相手側の弁護人を務める会長の義理の娘ケイト(ペネロープ・アン・ミラー)の美貌と手腕にすっかり惚れてしまい・・・。

出演:ダニー・デヴィート、グレゴリー・ペック、ペネロープ・アン・ミラー、パイパー・ローリー、ディーン・ジョーンズ、R・D・コール、モー・ガフニー、トム・アルドリッジ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ノーマン・ジュイソン監督作品。愛らしいダニー・デビート主演。グレゴリー・ペック共演。

今視ても面白い。時の流れで色あせてはいない、資本主義の永遠のテーマだからだ。会社乗っ取りと、乗っ取りを排除する勢力。双方ともに言い分がある。果たして決着は・・・重たいテーマだが、配役の妙で救われている。これが、ダニー・デビートと、グレゴリー・ペックの役柄が入れ替わっていたら、印象が全く異なる作品になったことだろう。そして、新時代の兆しが訪れて救われる。が、世の中の企業買収の多くは、このようなハッピーエンドになかなかならない。
やっぱりノーマン・ジュイソン監督作品は、どれもいいなあ。おススメです。

★★★★☆ 株主総会でのプレゼン合戦が見物

斜陽企業の乗っ取り(経営権取得後の資産売却による株主利益還元が目的の清算型買収)をめぐるドラマ。グレゴリー・ペック、ダニー・デビートの好演で、この地味目なストーリーに引き込まれてしまう。鑑賞の副産物としては;①企業ガバナンスとは何か(社長は誰に責任を持つのか、会社は誰のものなのか)②他人を動かす説得力とは何か(プレゼン技術)を考えさせられることか。特に、株主総会での現CEO(ペック)対乗っ取り屋(デビート)のプレゼン合戦は勉強になった。どちらが株主の琴線に触れることが出来るのか・・・(個人的にはデビートの方がpersuasiveだと思った。)

作品の詳細

作品名:アザー・ピープルズ・マネー
原作名:Other People’s Money
監督:ノーマン・ジュイソン
脚本:アルヴィン・サージェント
公開:アメリカ 1991年10月18日
上映時間:101分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ディア マイ ファーザー

  2. ザ・ゴールドフィンチ

  3. ドア・イン・ザ・フロア

  4. 主人公は僕だった

  5. ミランダ

  6. ギャング・オブ・ニューヨーク

PAGE TOP