アクション

リーサル・ソルジャーズ

この傭兵(ソルジャー)、最強!

CIAの秘密の傭兵部隊とテロ組織の知られざる戦いを描く本格傭兵アクション!

ストーリー:元ネイビーシールズのジャック(マイロ・ギブソン)。現在は、諜報機関から依頼を受けテロリストを狙う賞金稼ぎ。世間からは存在してないとされ、使い捨て覚悟の仕事を請け負う。CIAのリーからある依頼を受けたジャックはロンドンに向かう。その依頼とは、大統領による暗殺指令リストのトップにいる元諜報員で国際テロ組織のボスの暗殺と核兵器売買の阻止。ジャックは機密裏に結成されたチームで任務を始動するが、情報がなぜか相手に漏れていて絶体絶命の危機にさらされる・・・。

出演:マイロ・ギブソン、シルヴィア・フークス、ベンガ・アキナベ、ウィリアム・フィクナー、エリオット・コーワン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ ドンパチ好きは、観て損はない!

最初から最後までドンパチ。どうでもいい展開がない分、最後まで一気に楽しめる。主役以外は「欲」で動く人間たち。リー(司令官?)は大統領からの任務だと言いながらも、悪党マクナイトに復讐するために。賞金稼ぎの二人と、マクナイトとデイトンは、金のために。そして、そこからくるものは「裏切り」。賞金稼ぎ達以外は、欲にまみれての裏切り合い。こういう展開でどうラストを迎えるのかと期待していると・・・きれいさっぱり。家に帰りたいだけという無欲の主役ジャック・コリンズだけが生き残った。ジェイソン・ボーンのような強い主人公を求める人やドンパチ好きな人には楽しめる作品である。

★★★★☆ 掘り出し物です

最初、制作会社も見たことがないような会社で主演もおよそスターらしくない俳優でまったく期待していなかったのですが、なかなか掘り出し物と言っていいアクション映画でした。特に最初からですが銃撃シーンの重火器の扱い方が正しくプロ的でそこら辺から目が惹かれました。脚本もより練ることは出来たとは思いますが充分の出来ではないかなと思います。退屈しません。

★★★☆☆ M・ギブソン主演!! というってもマイロでメルの息子だよ

メルギブソンの息子主演のアクション映画。けしてお馬鹿アクションではなく、ドラマパートも非常に多く、きちんと真面目に作られてはいます。映画鑑賞に先立ちどこまで許容範囲を広げて見るかで評価は違います。えぇえよ、メルの息子のB級C級映画やろ。まぁ話しのネタに・・の人にはいけるかもしれません。スパイものとして例えばジェイソンボーンシリーズやトムクランシー映画みたいな複雑な話しを期待、もしくは元ネイビーシールズが主演だけに激しいアクションを期待、などA級映画を期待する方には、画面もしょぼいし、適当展開に時間の無駄にすら感じるかも知れません。結論からいうと、リモートワークなんで仕事しながら午後ロー感覚で適当に見たい!方にお勧めです。

作品の詳細

作品名:リーサル・ソルジャーズ
原作名:All the Devil’s Men
監督:マシュー・ホープ
脚本:マシュー・ホープ
公開:アメリカ 2018年12月7日
上映時間:100分
制作国:イギリス
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ヴァイキングダム

  2. カウントダウン・トゥ・デス

  3. カットスロート・アイランド

  4. クーデター

  5. REDリターンズ

  6. バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生

PAGE TOP