ドキュメンタリー

カーライル ニューヨークが恋したホテル

ハリウッドスターや世界的セレブを魅了する5つ星ホテルの秘密を解き明かすドキュメンタリー

ストーリー:ニューヨークのアッパー・イースト・サイドに佇む5つ星ホテル《ザ・カーライル ア ローズウッド ホテル》。スタッフたちが宿泊者の秘密を必ず守る事でも知られる。そんなプロの仕事を淡々と行うスタッフたちを、ジョージ・クルーニーなどのスターが家族のように愛していると語るコメントや、ソフィア・コッポラが映画撮影時に利用していたなど、微笑ましい逸話も満載。本作は誰もが憧れる世界一のホテルの物語。

出演:ウディ・アレン、ハーブ・アルパート、ウェス・アンダーソン、アンソニー・ボーデイン、ロブ・ボウマン、マリー・ブレンナー、ミカ・ブルゼジンスキー、ナオミ・キャンベル、ジョージ・クルーニー、ソフィア・コッポラ、アラン・カミング、ハリソン・フォード、アンジェリカ・ヒューストン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ あなたが、そう思うかどうか

この作品の好き嫌いが分かれているようですが個人的には大好きな作品。世界中にセレブ御用達のホテルが幾つかありますが、シリーズ化して欲しい。多くの著名人に愛されたホテルに是非泊まってみたい。こういうドキュメンタリーの存在価値はニューヨークマガジンのライターが語った一言に尽きると思う。「あなたが、そう思うかどうか」

★★★★★ 世の中にはたくさんの名門ホテルがある

名門を維持するのは非常に大変だが、皆そう思わず楽しんで誇りを持って仕事をしている。中々こう言う会社(ホテル)は無いが、たくさん増えていって欲しいと思う。

★★★★☆ ホテルの品格

ニューヨークの最高峰ホテルのドキュメンタリー。普段、ドキュメンタリーは観ないタイプの人間だが、最高峰ホテルの裏側や歴史などに引き込まれてつい最後まで観てしまった。やっぱり、選ばれしホテル(だけではないが‥)は品格を大事にしている。

★★★★☆ 何でも手に入る人が最後に大切にするのは?

ニューヨークの上流階級、貴族、プリンセス、ハリウッドの名優たち、世界的アーティスト。彼らのように何でも手に入る人が、最後に大切にするものは、日々触れ合う人間なのかもしれない。ニューヨークが経済と文化の中心となる黎明期から愛された老舗ホテルのドキュメンタリー。このホテルの雰囲気を愛し、文化をつくりあげてきた従業員と常連客へのインタビュー。皆、ユーモアとサービス精神が爆発しており、これぞエンターテインメントの国アメリカ!を思わせる。よく聞こえてきたのが “atmosphere” “energy” といった言葉。皆、物質的なものよりも、このホテルでの時間を彩る人間同士の交流を求めていると感じる。泊まる側も、泊める側も、完璧な毎日を用意したうえでのサービス精神。行き着くところまで行っても人生の楽しみを忘れない人は、一瞬一瞬の喜びを目の前の人と共有すること、目に見えないものの素晴らしさをとても大切にしているのかもしれない。ウェス・アンダーソン監督の映画に漂う堅苦しくないのに知性的で上品な雰囲気は、まんまこのホテルを表している気がした。

作品の詳細

作品名:カーライル ニューヨークが恋したホテル
原作名:Always at The Carlyle
監督:マシュー・ミーレー
公開:2018年
上映時間:92分
制作国:アメリカ
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. マリー・クワント スウィンギング・ロンドンの伝説

  2. マリリン・モンロー 瞳の中の秘密

  3. インサイド・ジョブ 世界不況の知られざる真実

  4. 映画と恋とウディ・アレン

  5. シーモアさんと、大人のための人生入門

  6. リンカーンを殺した男

PAGE TOP