スリラー

インベージョン

ある朝突然、あなたの親しい人が、別人になっている

二コール・キッドマン&ダニエル・クレイグ競演、戦慄のSFアクション大作

ストーリー:地球外からやってきた謎の生命体。それは眠っている間に人間の習性を変異させ、次々と魂のないレプリカントを生み出していく。ワシントンD.C.の精神科医キャロル・べネル(二コール・キッドマン)と同僚のベン・ドリスコル(ダニエル・クレイグ)は、原因をいち早く究明しウイルス拡大の阻止に乗り出す。生き残る術はただ一つ、決して眠らないこと。誰一人信用できない悪夢のような状況の中、二人はウイルスの侵攻を食い止めることができるのだろうか!?

出演:ニコール・キッドマン、ダニエル・クレイグ、ジェレミー・ノーサム、ジャクソン・ボンド、ジェフリー・ライト、ヴェロニカ・カートライト、ジョセフ・ソマー、セリア・ウェストン

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 今(コロナ)に重なる

世相が似てるからそろそろ放映されるんじゃないかな、なんて思ってましたが全然放映されないから買って見ました。ニコール・キッドマンがいいですね、他の作品でも母親役で出演してましたが合ってる。メイキングなんかでもコロナの流行を当てているようなトークがあり興味深かった。

★★★★☆  ニコール・キッドマンのおかげでB級じゃなくなるのです☆

なかなか楽しめました。ニコール・キッドマンが美しすぎる。それだけでも観る価値あり。ストーリーもまぁおもしろかったです。設定だけでも合格点かなと。過去の作品と比べるのは無意味。これはニコール・キッドマンを楽しむための映画なのです( ・∀・)

★★★★☆ あなたが怖いものは何ですか〜

この映画は矛盾も多いし、ストーリーの展開が速くてなんだかストーリーを追いかけているような気分にさせられるところもある。けれど・・・ニコール・キッドマンが、かわいいということを除いても、ある種基本的な人間の恐怖が描かれていると感じた。それは、隣人がいつの間にか、信じられない世界に変わってしまった・・・という恐怖。人間は、なんとなく互いのモラルや共通観念の中で生きている。この点が信じられないのは本当に怖い。ナチスなど、戦争時代に互いを密告する恐怖。それも集団の力を発揮したときに恐怖は倍増する。この映画は、新しいエイリアンの侵略という形をとりながら、共同体の中の人間の本質的な恐怖を描いていると感じた。面白い映画だった。

★★★☆☆ リバイバルされるSF

幾度か題名違いでリバイバルされているSF。SFにありがちな中だるみも無く、独特の緊張感を維持しながら鑑賞できました。が、進んでもう一度観ようと思うかと言うと...。良作ですが傑作や名作には至っておらずと言った具合で、観て損をする事はないかと思います。

★★☆☆☆ 題材は悪くないね

題材は悪くないし、ストーリーとしても面白いと思う。ただ、映画だから展開が早すぎるんだと思う。ニコール・キッドマンが主演という部分を変えずに、ドラマ化したら良かったんじゃないかな?もったいない映画だと思う。

作品の詳細

作品名:インベージョン
原作名:The Invasion
監督:オリヴァー・ヒルシュビーゲル
脚本:デヴィッド・カイガニック
原作:ジャック・フィニイ『盗まれた街』
公開:アメリカ 2007年8月17日、日本 2007年10月20日
上映時間:99分
制作国:アメリカ
製作費:8000万ドル
興行収入:4000万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. TIME/タイム

  2. スリラー

  3. ロッジ LODGE

  4. シークレット・チルドレン 禁じられた力

  5. MEG ザ・モンスター

  6. ナイト・ストーム

PAGE TOP