ドラマ

ベラミ 愛を弄ぶ男

愛と欲望の世界を描く、スキャンダラスなドラマ

『レ・ミゼラブル』に続く19世紀仏文学の代表作を映画化!

ストーリー:貧しく惨めな生活を送る24歳の青年ジョルジュ(ロバート・パティンソン)は、ブルジョワ社会で優雅に暮らす旧友と再会したことを機に、社交界で成功を収めたいという野望を抱く。知性も教養もない彼は、「ベラミ(美しき友)」と讃えられる美貌と肉体だけを武器に、偽りの愛を囁きながら金持ちマダムたちを性の虜にし、女を踏み台にしては強欲に出世していく・・・。

出演:ロバート・パティンソン、ユマ・サーマン、クリスティン・スコット・トーマス、クリスティーナ・リッチ、コルム・ミーニイ、フィリップ・グレニスター、ホリデイ・グレインジャー、ナタリア・テナ

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★  ロブ様の汚れ役

ロバート・パティンソンが『ハリー・ポッター』や『トワイトライト』シリーズで大スターになっているにもかかわらず、地道に演技に取り組む姿がいとおしい。ここまでするかと思うけれど、役者としての本気度が伝わってくる。ロブ様ファンとしてはロバート・パティンソンが普段脱がないだけに、某シーンでは再生ボタンを繰り返し押さずにいられない感じです。

★★★★☆ 面白かったよ!

あまり色気ない顔の俳優だけど中々演技力があり最初は魅力なかったのに垢抜けていって引き込まれた。ストリーもテンポがよく女優さんもいつもながらの名優ぶり。ベラミは悪人か。?わたしなら最初は嫌だと思う。でも気持ちはわかるから、まあしかたなよなとおもた。よかーねーけどあんまりビンボーだとジゴロでのし上がるのも悪とは言えないかな。わたしは嫌だけどなぜか憎めない人だった。多分女も女だからかまへんかみたいな。思ったより見て良かった。

★★★☆☆ イケメン男のやりまくり出世道

この映画は、フランスの文豪モー・パッサンの小説『ベラミ』の映画化になります。原作は長編ながらストーリーは単調で、この映画では、原作のジョルジュが愛人を故郷の親に紹介するなどは省かれてます。時代は19世紀。貧困青年ジョルジュは戦友でもあった、ブルジョワ社会で優雅に暮らす旧友と再会し、その紹介により、社交界デビューを果たす。そこで知り合う貴婦人たち数人と、イケメンが武器のジョルジュは肉体関係をもっては、そのたびに出世していく・・・、まあ、男の欲望と願望、野心を描いた物語で、女性を出世の道具としてしか観ていない視点は、女性には受けが悪いかもしれないですね。映像は綺麗です。

作品の詳細

作品名:ベラミ 愛を弄ぶ男
原作名:Bel Ami
監督:デクラン・ドネラン
脚本:レイチェル・ベネット
原作:ギ・ド・モーパッサン『ベラミ』
公開:イギリス 2012年3月9日、日本 2013年3月9日
上映時間:102分
制作国:イギリス
興行収入:800万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す

関連作品

  1. アリスの恋

  2. 天使の処刑人 バイオレット&デイジー

  3. ダブルブッキング 奇跡の出会い

  4. ペーパーボーイ 真夏の引力

  5. ステップ・アップ2:ザ・ストリート

  6. ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ

PAGE TOP