アクション

グリーン・ホーネット

俺たちが悪を刺す!

ロスの夜に出没する”グリーン・ホーネット”。その正体は悪を装い、悪を刺す・・・”駄目な2代目社長とイケてるおかかえ運転手”コンビだった!

主演のブリット・リードにはアメリカで国民的人気を誇るコメディ・スター、セス・ローゲン。かつてブルース・リーが演じた相棒カトーには台湾出身のジェイ・チョウ。秘書レノア役にはキャメロン・ディアスが華を添える。そして暗黒街の黒幕、ベンジャミンには、『イングロリアス・バスターズ』でアカデミー賞を受賞したクリストフ・ヴァルツ。『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』『僕らのミライへ逆回転』など、唯一無二の世界観で常にファンを魅了し続けるミシェル・ゴンドリー監督が、初の3D超大作に挑戦。≪カトービジョン≫なるカトーの脳内が映し出される3D映像は、ゴンドリー監督ならでは。異色の豪華キャストが奇才監督のもとに集結し、これまでだれも想像したことのない新たなる3Dバディ・アクションがここに誕生した!

ストーリー:幼くして母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられたブリット・リード(セス・ローゲン)は、その反動か、絵に描いたような放蕩息子ぶり。ところが、父が蜂に刺され死に、突然社長の座に就いたブリットは、父の運転手カトー(ジェイ・チョウ)と共に、正義に目覚め、ロスの街を一掃する決心をする。カトーは、実は、天才発明家で、秘密裏に父と数々のハイテクマシンを発明していた。彼の発明の最高峰、ハイテク装置満載の愛車(ブラック・ビューティー)を駆って、二人は全身をグリーンのスーツとマスクに包み、自分たちを”グリーン・ホーネット(緑の蜂)”と命名。ワルのほうがワルに近づきやすいと考えたブリットは、才色兼備でジャーナリスト志望の秘書レノアのマスコミ操作力を借り、自らの新聞社の記事で”グリーン・ホーネット”を新たなワルとして盛り立てつつ、ロスの悪党どもを斬っていく。そんなとき、父の急死に暗黒街の王ベンジャミン・チュドノフスキー(クリストフ・ヴァルツ)が絡んでいることを知ったブリットとカトーは、警察、検察、新聞社、暗黒街全てを欺く大死闘に立ち上がる。

出演:セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、キャメロン・ディアス、クリストフ・ヴァルツ、トム・ウィルキンソン、デヴィッド・ハーバー、エドワード・ファーロング

視聴者の声【Amazonレビューより】

★★★★★ 笑えて爽快!!

いやぁ~っ! 面白かったです!新聞社の、おバカ息子が、ドタバタしながらも、後半には正義に目覚める様な物語なのですが、久々に笑わせてもらいました。ジェイ・チョウ(カト-役)のアクションも少ないけど楽しめたし、冷徹だけど、クスッと笑える悪役のキャラクターも自分の好みでした!友達や家族と笑いながら観るともっと楽しめると思いますよ。自分はリビングで一人で観てたら、いつの間にか家族全員が集まって笑ってました。映画っていいね☆

★★★★★ 面白いけど人を選ぶのかな?

映画とてして、というかおバカアクション映画としては充分面白い。主役のノリはおバカ満載。映画全体のノリはチャーリーズ・エンジェルを彷彿させると思ってたらキャメロン・ディアスが出てきたし(出てるの知らなかった)。前輪駆動だから後輪なくても走るなんて、こち亀の発想です。何も考えたくないときに観る映画としては傑作です。

★★★★★ おふざけ最高!

中学生男子がふざけてるような映画です。妄想と空想でできてます。新しい車や武器など楽しい要素がいっぱいです。二人で取っ組み合いの喧嘩をしますが,現実にあの喧嘩をしたら,死ぬか後遺症が残るレベルです。「真似をしてはいけません」のテロップが必要です。キャメロン・ディアスははまり役で,場面が明るくなりますね。ロシアの悪役も面白いです!すぐに銃をぶっ放します。「サイモン&ガーファンクル」のところは笑いました。バカバカしい映画ですが,いい味出てます。

★★★★☆ ドラえもん、ハットリくん、キテレツ大百科

かなり軽いヒーローもの。正義感があるのか、ないのかよくわからない感じのノリで悪に挑むという。主人公のグリーンホーネットはただの金持ちバカ。相棒のカトーは格闘に、メカニックなどなんでも万能なかなり頼れる存在。カトーが作った物で大はしゃぎするホーネット。でたまに、二人大喧嘩をする。まるで、のび太(ホーネット)とドラえもん(カトー)。または、コロ助(ホーネット)とキテレツ(カトー)みたいな関係。グリーンホーネットはいるだけで、ほとんどカトーが活躍してるという。でも、そこが面白かったりする。悪役にあの、イングロリアスバスターズの人が出てきたのは個人的に嬉しかった。あと元美少年だったターミネーターのあの方が、ダメ人間みたいになってて笑えた。まったくシリアスじゃなく、アホっぽい感じなんで楽しめます。

作品の詳細

作品名:グリーン・ホーネット
原作名:The Green Hornet
監督:ミシェル・ゴンドリー
脚本:セス・ローゲン、エヴァン・ゴールドバーグ
公開:アメリカ 2011年1月14日、日本 2011年1月22日
上映時間:119分
制作国:アメリカ
製作費:1億2000万ドル
興行収入:2億2500万ドル
Amazonで探す
Amazonプライムで視聴する(字幕版)
Amazonプライムで視聴する(吹替版)
Amazonプライム30日間無料体験を試す
楽天市場で探す

関連作品

  1. ウルトラヴァイオレット

  2. キック・アス/ジャスティス・フォーエバー

  3. ダイ・ハード2

  4. キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー

  5. トランジット

  6. キル・ビル Vol.2

PAGE TOP